104. When Will I See You Again 天使のささやき

When Will I See You Again 天使のささやき : The Three Degrees スリー・ディグリーズ


Alubm : Best of the Three Degrees
  
                    ベスト・オブ・スリー・ディグリーズ
 (試聴可)
Released: 1974
Written by: Gamble and Huff
Produced by: Gamble and Huff
  The Three Degrees :
 The Three Degrees
 From Wikipedia, the free encyclopedia 

 スリー・ディグリーズは1974年6月30日の第3回東京音楽祭にこの曲でエントリーして金賞に輝き、それによって世界的なヒットとなりました。(グランプリはカナダのルネ・シマールでしたが、そっちは全然聞いたことがありません・・・) 日本でも人気になり、日本語で歌われたレコードも出ていたくらいです。

 彼女たちは1963年頃から活動していて、基本的に3人構成でメンバーを入れ替えながら地道に続けていたようです。 当時のメンバーは Fayette Pinkney (19631976)、Sheila Ferguson (19661986)、Valerie Holiday (1967- 現在)で、現在オリジナル・メンバーはヴァレリーだけになってしまいました。 3人それぞれの歌声が楽しめるのも、他のガールズ・グループと違うところでしょう。
 シースルー・ルック
という体が透けて見える衣装でも話題になりましたが、日本でNHKの番組に出演した時にはさすがに普通の衣装で歌っておりました。 当時の日本はそうしたことではまだうるさかったのですが、ともかくコーラス・ワークがうまい人たちだなと思いながら聴いていた覚えがあります。

 1974年には、この曲がヒットする前にT.S.O.P. (The Sound of Philadelphia) (ソウル・トレインのテーマ)が全米No.1 になっていて、フィリー(フィラデルフィア)・ソウルというより、もうディスコ・サウンドといった方が合っているでしょうか。
 Three Degreesは温度(摂氏)「3℃」という意味ですが、あの頃は寒そうな衣装(?)を着ているからかと思っていました。 この歌詞は「see you again」とか比較的判りやすいフレーズが並んでいて、当時の自分でも何となく意味が判るような気がしたのが日本でも受けた理由でしょうか。 もっとも日本語で歌った歌詞では「ミズイロノ~、ア~サ~、・・・」とか、全然違う内容になっていましたが・・・

 イギリスのチャールズ皇太子のお気に入りということで、「Charlie's Angels」(チャーリーズ・エンジェルズ)というタグ(レッテル)を貼られたこともありました。 彼女たちは皇太子の30回目の誕生日にバッキンガム宮殿に招かれています。 「It was a great feeling...a feeling of awe」(それは偉大な・・・というか、畏敬の念に近い感じだった)―とのちにヴァレリーは、その時のことを言葉に詰まりながら語っていました。

When Will I See You Again 『天使のささやき』を聴く:
(※自動的に再生が始まらない時は、上にある「PLAY」をクリックして下さい)

  ●歌詞と訳詞●

(Oooooo, haaa)
(Haaa, Oooooo)
Precious moments   大切な 瞬間(とき)

When will I see you again   いつまた あなたに会えるのかしら
When will we share precious moments   いつ大切な時を 分け合えるのかしら
Will I have to wait forever   私は 永遠に待たなければならないかしら
Will I have to suffer   私は 耐えなければならないかしら 
and cry the whole night through   そして一晩中 泣くことになるかしら

When will I see you again   いつまた あなたに会えるのかしら
When will our hearts beat together   いつ私たちの心臓の鼓動は 一つになるかしら
Are we in love   (その時)私たちは 愛し合っているかしら
or just friends   それとも ただの友だちかしら
Is this my beginning   それは私の (新たな)始まりかしら
or is this the end   それともそれで 終りになるのかしら

When will I see you again   いつまた あなたに会えるのかしら
(When will I see you again)   (いつまた 会えるかしら)
When will I see you again   いつまた あなたに会えるのかしら

(Haaa, Oooooo)
Precious moments   貴重な 瞬間(とき)

Are we in love   私たちは 愛し合っているかしら
or just friends   それとも ただの友だちかしら
Is this my beginning   それは 私の(新たな)始まりかしら
or is this the end   それとも それで終りになるのかしら
When will I see you again   いつまた あなたに会えるのかしら
(When will I see you again)   (いつまた 会えるかしら)
Sweet, sweet love of mine   優しい、素敵な 私の恋人
(When will I see you again)   (いつまた 会えるかしら)
Come on, come on   さあ、 早く
(When will I see you again)   (いつまた 会えるかしら)
Tell me, ya   教えて
(When will I see you again)   (いつまた 会えるかしら)
My sweet lover   私の 優しい恋人
(When will I see you again)   (いつまた 会えるかしら)
Ooooooo, ya
(When will I see you again)   (いつまた 会えるかしら)
Come on, come on, baby   さあ、さあ、ベイビー・・・
Come on, come on, hey, hey baby
(Oooooo, ya)

記事編集

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示