103. Killer Queen キラー・クイーン

Killer Queen キラー・クイーン : Queen クイーン


Killer Queen
Alubm : Greatest Hits, Vols.1&2
Greatest Hits
  グレイテスト・ヒッツ
グレイテスト・ヒッツ
(試聴可)
Released: 1974
Written by: Freddie Mercury (フレディ・マーキュリー)
Produced by: Roy Thomas Baker, Queen

  クイーン(バンド)について:
Roger T. / Freddie M. / Brian M. / John D.
 フリー百科事典『ウィキペディア』  

 クイーン初の世界的ヒットとなったのがこの曲です。 あの頃はよくラジオから流れていましたが、決して彼らのデビュー曲ではなく既にサード・アルバムとなっている Sheer Heart Attack
からのシングル・カットでした。

 クイーンにはファースト・アルバムに収められていたSeven Seas of Rhyeというインストゥルメンタル曲があって、それにフレディ・マーキュリーが歌詞を付けて歌ったSeven Seas of Rhye」(輝ける7つの海)というシングルがイギリスで中ヒットし、セカンド・アルバムにも収められています。 でもあの頃クイーンに対する英国マス・メディアの評価はかなり厳しいものでした。

 この曲がヒットした翌年の1975年に初来日していますが、日本での人気ぶりには当人たちも驚いていたようです。 そしてその年には彼らの代表曲であり最も売れた Bohemian Rhapsody」(ボヘミアン・ラプソディ) がヒットするのですが、私はこの曲でクイーンから離れてしまったのでそれ以降のことは良く知りません・・・

 クイーンが再び脚光を浴びるようになったのは、ヴォーカルのフレディ・マーキュリーが亡くなってからではないでしょうか。 1991年11月23日にフレディはHIV感染合併症のひとつであるニューモシスチス肺炎(カリニ肺炎)により死去、享年45歳でした。 
 フレディーの死後、遺言により「ボヘミアン・ラプソディ」の印税をエイズ基金に寄付。 再発された「ボヘミアン・ラプソディ」のシングル(CD)はイギリス史上初の同一曲2度の1位となっています。 クイーンの曲はスポーツの世界やTVのコマーシャルでも良く耳にするようになり、もうかつてのように悪く言う人たちはいなくなりました。 すっかり市民権を得たというところでしょうか。

 洋楽の歌詞には、中学生レベルの英語でも歌えるシンプルなものと、この曲の歌詞みたいに新聞記事に出てくるような難しい単語や政治家の名前が並ぶ小難しいものとがあって、私はこうした歌詞は正直苦手です。 今回難しい単語は辞書を片手に訳してみて、「ボヘミアン・ラプソディ」も最後まで聴いてみて、改めてクイーンは自分には向いていないということが良く判りました。 この曲と、ブライアン・メイのギターは割と好きですけどね・・・

Killer Queen 『キラー・クイーン』を聴く:
(※自動的に再生が始まらない時は、上にある「PLAY」をクリックして下さい)

  ●歌詞と訳詞●

She keeps Moet et Chandon   彼女は(シャンパンの)「モエ・エ・シャンドン」をキープしている ※
In a pretty cabinet   きれいなキャビネット(食器棚)の中に
'Let them eat cake' she says   「みんなにケーキを食べさせて」と彼女は言う
Just like Marie Antoinette   マリー・アントワネットみたいに ※
A built-in remedy   (彼女に)組み込まれた 救済の力は ※
For Khrushchev and Kennedy   フルシチョフ(首相)と ケネディ(大統領)のため ※
At anytime an invitation   いつ 招待が来ても
You can't decline   辞退できないだろう

Caviar and cigarettes   キャビアと シガレット(巻きたばこ)
Well versed in etiquette   エチケット(礼儀作法)に 精通していて
Extraordinarily nice   途方も無く 素敵さ ※

(Chorus)
She's a Killer Queen   彼女は キラー・クイーン(殺しの女王)
Gunpowder, Gelatine   火薬に ゼラチン(ニトログリセリンをゲル化した「ニトロゲル」か)
Dynamite with a laser beam   ダイナマイトに レーザー・ビーム(殺人光線兵器)も装備して
Guaranteed to blow your mind   あんたの心を吹き飛ばすことは 保証付きさ ※
Anytime   いつだって

Recommended at the price   価格の面でも お勧めできるから
Insatiable an appetite   飽くことを知らない 欲望を ※
Wanna try?   試してみるかい?  

To avoid complications   複雑な問題を 回避するために
She never kept the same address   彼女は決して 同じ住所のままではいない
In conversation   会話では
She spoke just like a baroness   彼女はまるで男爵夫人のように 話していた
Met a man from China   中国からの男性と 会った時には
Went down to Geisha Minah   「ゲイシャ・マイナ」(のところ)まで行った ※
Then again incidentally   それからまた ついでに言えば ※
If you're that way inclined   もしあんたが (ドラッグで)幻覚を見やすい体質なら ※

Perfume came naturally from Paris   香水は 当然パリからの舶来もの
for cars she couldn't care less   彼女は自動車には まったく関心が無い
Fastidious and precise   気難しくて おまけに やかましいときてる ※

(Chorus)
She's a Killer Queen   彼女は キラー・クイーン(殺しの女王)
Gunpowder, Gelatine   火薬に ゼラチン
Dynamite with a laser beam   ダイナマイトに レーザー・ビームも装備して
Guaranteed to blow your mind   あんたの心を吹き飛ばすことは 保証するね
Anytime   いつだって

(間奏)

Drop of a hat she's as willing as   彼女は ちょっとしたきっかけで 喜んで
Playful as a pussy cat   子猫のように 遊びまわり ※
Then momentarily out of action   それからしばらくの間 動かなくなる   
Temporarily out of gas   一時的な ガス欠みたいに
To absolutely drive you wild, wild   あんたをワイルドに、ワイルドに駆り立てて ※
She's all out to get you   彼女はあんたを 全力で手に入れようとする ※    

(Chorus)
She's a Killer Queen   彼女は キラー・クイーン
Gunpowder, Gelatine   火薬に ゼラチン
Dynamite with a laser beam   ダイナマイトに レーザー・ビームも装備して
Guaranteed to blow your mind   あんたを吹き飛ばすことは 保証するね
Anytime   いつだって

Recommended at the price   価格の面でも お勧めできるから
Insatiable an appetite   飽くことを知らない 欲望を 
Wanna try?   試してみるかい?
You wanna try.   あんた 試したいかい


※ Moet et Chandon :モエ・エ・シャンドン社はシャンパンの有名メーカー。 生産量が全シャンパーニュの15%~18%弱といわれるほどの超巨大なシャンパン・メーカーで、最高級銘柄の「ドンペリニョン」(日本で言う「ドン・ペリ」)はここの製品。
※ Marie Antoinette :フランス国王ルイ16世の王妃。 パリの民衆の憎悪をかき立て、フランス革命中の1793年にギロチンにより刑死。
※ remedy :「医療(法)」、「治療(法)」、「救済(する)」など。 意味不明な歌詞である。
※ Khrushchev and Kennedy :フルシチョフはソビエト連邦の最高指導者、ケネディはアメリカの大統領だった人だが、この曲より10年くらい前に両者は会談している。 ケネディはその後暗殺され、フルシチョフは失脚した。
※ Extraordinarily :「非凡な」、「異常な」、「途方もなく」、「特別の」。
※ Guarantee : 「保証(する)」、「約束(する)」
※ Insatiable :「飽くことを知らない」。
※ Geisha Minah :歌詞によっては「Asia Minor」(小アジア)となっているものもあるが、何度聞いても「ゲイシャ」に聞こえる。 ほとんど意味不明。 
※ incidentally :「ついでに(言えば)」、「付随的に」。
※ that way inclined :incline は「傾く」とか「(心を)向ける」といったことだが、ドラッグで幻覚を見やすい体質という意味があるらしい。
※ Fastidious and precise :Fastidious は「気難しい」、precise は「几帳面」とか「細心な」とか「やかましい」。
※ Drop of a hat :昔は帽子を落としてスタートの合図としたことから、「すぐに」とか「ただちに」といった意味で使われる。
※ pussy cat :クイーンのいる英国では「子猫」や「メス猫」のことで、「Come here, pussy (cat)」(猫ちゃん、おいで)と呼んだりしますが、アメリカで「pussy」は女性器を意味するので、ヘタに使わない方が良いでしょう。  
※ momentarily :「瞬間の」、「つかの間の」
※ Temporarily :「一時の」、「臨時の」
※ absolutely :「完全な」、「まったくの」
※ all out :「総力をあげて」、「全力で」 
記事編集

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示