スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

437. Escape エスケイプ

Escape エスケイプ : Jeff Beck ジェフ・ベック

ジェフ・ベック1985年のアルバムから、インストゥルメンタルのこの曲を選んでみました。 もう30年も前の曲になります。


Album : Flash (Import)
  フラッシュ (mp3:試聴可)

Released: July 1985
Written by: Jan Hammer (ヤン・ハマー)
Produced by: Nile Rodgers (ナイル・ロジャース), Jeff Beck
 ジェフ・ベック について:
 フリー百科事典『ウィキペディア』

この曲を含むアルバムからは、ロッド・スチュワートをフィーチュアした「People Get Ready」を紹介したことがありました。 オリジナルはカーティス・メイフィールドの作曲で、インプレッションズ時代の曲(87回目)になります。

アルバムのプロデュースには、当時マドンナのアルバムをヒットさせ、デビッド・ボウイの「レッツ・ダンス」もヒットさせて売り出し中だったナイル・ロジャースが参加していますが、ダンス・ミュージックとジェフ・ベックが合うはずもなく、この二曲以外はあまり出来が良くありません。 
ジェフ・ベック自身、苦手なヴォーカルを二曲も歌わされ、過去の汚点の様に思っているようで、あのわがままなジェフ・ベックがよく歌ったと思いますが・・・。
でもこの曲は盟友ヤン・ハマーとのコラボレーションでジェフ・ベックらしいし、割と好きなので採り上げてみました。 (忙しくて訳詞をやってる時間が無いというのもありますが)

この曲は翌1986年のグラミーで、"Best Rock Instrumental Performance" を受賞していますが、なぜかシングルにはなっていません。

(※ 音圧が低いので、かなりヴォリュームを上げないと音が小さいです)

Jeff Beck : Guiter
Jan Hammer : Keyboards (Fairlight CMI)
Doug Wimbish : Bass
Drums : Barry DeSouza, Carmine Appice, Curly Smith

Grooceshark で、Escape  『エスケイプ』を聴く: (4:42)
スポンサーサイト

テーマ : 80年代洋楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。