366. Summer Breeze 想い出のサマー・ブリーズ

Summer Breeze 想い出のサマー・ブリーズ : Seals & Crofts シールズ&クロフツ
シールズ&クロフツ1972年のヒット曲で、アメリカのヒット・チャートで6位、アダルト・コンテンポラリー部門では4位となっています。


Alubm : Summer Breeze
  想いでのサマー・ブリーズ

Released: August 1972
Written by: lyrics : Jim Seals, music : J. Seals & D. Crofts
Produced by: Louie Shelton

  Seals & Crofts について:
Seals & Crofts
 フリー百科事典『ウィキペディア』  

これは今から40年ほど前のヒット曲で、今でも夏になるとラジオからこの曲が流れてきます。

シールズ&クロフツは、ジェームス(ジム)シールズとダッシュ・クロフツの二人によるデュオ・グループです。 この曲を含む同名タイトルのアルバムは100万枚を超えるセールスでその年のアルバム・チャートで7位となり、ゴールド・ディスクを獲得しています。 このアルバムからは、1曲目に入っている"Hummingbird"(ハミングバード)もセカンド・シングルとして20位くらいの中ヒットになりました。

シンプルな歌詞ですが、それだけに想像力をかき立てられて、色々な解釈の仕方が可能となってきます。 コーラスの部分で繰り返し歌われるフレーズ、
"Blowing through the jasmine in my mind" の "in my mind" を、文字通り「心の中」とすれば「ジャスミン(の香り)が心の中を吹き抜ける」となりますし、「思い出す(覚えている)」とすれば「吹き抜けるジャスミン(の香り)を思い出す」とすることもできます。
日本語のタイトルに「想い出の」という言葉が付いているのもあながち的外れでは無く、割と良い邦題の部類に入るかも知れません。

ここで歌われているのは、「夏のそよ風」、「ジャスミンの香り」、「新婚当時の甘い生活」といったところですが、どうも現在進行形ではなく、想い出の中のシーンの様にも聞こえます。  結婚して十年経っても、疲れて帰宅するご主人のために料理を作って待っていて、暖かく出迎えてくれる奥さんというのがどれくらいいるのか知りませんが、これは幸福だった蜜月(ハネムーン)の頃の思い出が記憶の中でよみがえっているのではないでしょうか。 私にはそんな風に聞こえるので、対訳もそんな感じで訳してみました。

「サマーブリーズ」といってもジャスミンの花が咲くのは初夏ですから、盛夏の熱風ではなく、初夏の爽やかな風ということでしょう。


Jim Seals – vocals, fiddle, guitar, saxophone
Dash Crofts – vocals, mandolin, electric guitar, piano

Groovesharkで Summer Breeze 『想い出のサマー・ブリーズ』を聴く: (3:26)

  ●歌詞と対訳●

See the curtains hanging in the window  窓に掛かる カーテンを見ている
In the evening on a Friday night  金曜日の夜の(始まる) 夕暮れ時
A little light a-shining through the window  窓越しにきらめく 一つの小さな灯りが
Lets me know everything is alright  全てうまく行ってることを 告げている

Summer breeze, makes me feel fine   夏のそよ風が 気分を爽快にして
Blowing through the jasmine in my mind ジャスミン(の香り)が心の中を吹き抜ける
Summer breeze, makes me feel fine   夏のそよ風が 気分を爽やかにして
Blowing through the jasmine in my mind 吹き抜けるジャスミン(の香り)を思い出す
  

See the paper lying on the sidewalk  舗道に横たわる 新聞紙を眺めていると
A little music from the house next door  隣の家からは かすかな音楽が(聴こえる)
So I walk on up to the door step  それで 玄関の階段の方へと歩いて行く
Through the screen and across the floor  網戸を通り抜け フロアーを横切って

Summer breeze, makes me feel fine   夏のそよ風が 気分を爽快にして
Blowing through the jasmine in my mind ジャスミン(の香り)が心の中を吹き抜ける
Summer breeze, makes me feel fine   夏のそよ風が 気分を爽やかにして
Blowing through the jasmine in my mind 吹き抜けるジャスミン(の香り)を思い出す


Sweet days of summer,   甘美な夏の日々 
the jasmine's in bloom   ジャスミンは花盛りで
July is dressed up and playing her tune 7月は着飾って 夏の調べを奏でてる
And I come home from a hard day's work  一日働きづめで 家に帰ってくると
And you're waiting there,   そこには きみが待っている
Not a care in the world   何の心配事も 無いかのように

See the smile a-waiting in the kitchen キッチンで待ち受ける 微笑みが目に浮かぶ
Through the cooking and the plates for two  二人のために並んだ 料理の皿と
Feel the arms that reach out to hold me  ぼくを抱きしめようと伸ばす 腕の感触を
In the evening when the day is through  一日も終わろうとする 夕暮れ時に

Summer breeze, makes me feel fine   夏のそよ風が 気分を爽快にして
Blowing through the jasmine in my mind ジャスミン(の香り)が心の中を吹き抜ける
Summer breeze, makes me feel fine   夏のそよ風が 気分を爽やかにして
Blowing through the jasmine in my mind  
  吹き抜けるジャスミン(の香り)が 脳裏に焼き付いて離れないんだ



everything is alright (all right): 万事好調。 全て順調。 全てがうまく行っている。
feel fine: スッキリする。 気分爽快だ。
blowing through: 吹き抜ける。
in my mind: 1.心(頭)の中。 2.思い出す、覚えている、心に焼きつく、心に残る。

sidewalk: (米語)[舗装された]歩道。 舗道。
next door: 隣の家。
doorstep: 玄関前の階段。
screen: (部屋の)間仕切り、ついたて。 (窓の)虫除け網。 網戸。

in bloom: 花盛りで、真っ盛りで。 満開で。
dressed up: ドレスアップして。 めかしこんで。 着飾って。 おしゃれして。
hard day's work: 働きづめの一日。
not (have) a care in the world: 悩みが何もない。 のんきだ。 心配事が無い。

for two: 二人分の、二人用の。
reach out: 手を伸ばす。 手を差し伸べる。

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

365. Be Strong Now ビー・ストロング・ナウ

Be Strong Now ビー・ストロング・ナウ : James Iha ジェームス・イハ

スマッシング・パンプキンズのギタリスト、ジェームス・イハのファースト・ソロ・アルバムから、シングルになったこの曲を選んでみました。


Alubm : Let It Come Down
  レット・イット・カム・ダウン

Released: 10 February 1998
Written by: James Iha (ジェームス・イハ)
Produced by: Jim Scott (ジム・スコット), James Iha
 ジェームス・イハについて:
James Iha
 フリー百科事典『ウィキペディア』 

スマッシング・パンプキンズというと、同年にリリースされた "Adore" 「アドア」を除いては「爆音ギターに轟音ドラム」というイメージでしたが、この曲を含むソロ・アルバムはひたすらアコースティック・サウンドでまとめられています。
「パンプキンズでディストーション(歪み)を効かせたギターを弾いていると、もうそんなのは演(や)りたくなくなるんだよ」―というのが本人の弁ですが、パンプキンズで彼が歌っていた「Blew Away」(Pisces Iscariot)や「Take Me Down」(Mellon Collie & the Infinite Sadness)はこんな感じの静かな曲だから、自身が本当にやりたかったのはこうしたサウンドなのでしょう。

自宅の地下にあるスタジオでリラックスした雰囲気でレコーディングされたというこのアルバムですが、"Beauty" という曲でハーモニー・ヴォーカルを付けてもらった Nina Gordon (ニーナ・ゴードン)に何曲か聴いてもらったところ、『「悪気があって言うんじゃないけど、何かうちの両親が聴いていそうな音楽ね」って言われた(笑)』、とか。
詳しいインタビュー記事は、「日本版のオフィシャル・サイト」に掲載されています。

当時とても好きな女性(ひと)がいたそうで、この曲はその人に向けて歌っているようです。 壊れそうなくらいナイーブな人に「もっと強くならなきゃ」―と言いながら、その人を抱きしめてあげることができないシャイな自分がいる訳で、そんな弱気な自分に向けて歌っている様にも聴こえる曲です。


James Iha - vocals, acoustic and electric guitars
Neal Casal - harmony vocal, electric guitar
Greg Leisz - pedal steel, lap steel and electric guitars
Adam Schlesinger - piano
Solomon Snyder - bass
John Ginty - Hammond organ, piano
Matt Walker - drums, percussion
Curt Bisquera - percussion
Eric Remschneider - cello
James Sanders - violin

Grooveshark で Be Strong Now 『ビー・ストロング・ナウ』を聴く: (2:48)

  ●歌詞と対訳●

Little darling belle with such a fragile shell 壊れそうな殻に閉じこもった 可愛い人
In the powerful way that love seems to make her そんな彼女の恋に有効な手は
All regret it now   今そうして(閉じこもって)いることを 後悔させてあげること
And if she'd only say what's wrong- she can't go on
  もし彼女が「どこがいけないの?」とか 「もう、うんざり」としか言えないとしたら

You've got to be strong now  もっと強くならなきゃ
And if I come and hold you now  ぼくがそばに行って、きみを抱きしめてあげたなら
You'll be safe and sound   きみは安心できるはずなのに

Make a lonely face  そんなさびしそうな顔をしてるのを
That no one ever sees   これまで 誰も見たことがない
You see the things she believes  信じられるものを きみは見つけたはず
Since life is bittersweet and  人生がほろ苦いものと 分かってから
She'd open up to me   彼女はぼくに 心を開いてくれた
And it's the only thing she dreams  それは彼女が夢見た たった一つのもの
You've gotta believe   きみは(ぼくを) 信頼してくれしなきゃ

You've got to be strong now  きみはもっと強くならなきゃ
And if I come and hold you now  もしぼくがそばに行って、きみを抱きしめたら
You've got to be strong now  もっと強くならなきゃだめだよ
If I hold you now   もしぼくが きみを抱きしめたら
If I hold you now   もしぼくが きみを抱きしめたなら
If I hold you now...  ぼくが今 きみを抱きしめてあげたなら・・・

Ooh God, if I could change a thing tonight あぁ、今夜この状況を変えられるなら
We won't be lonely   ぼくらは 一人ぼっちじゃないはず
Ooh God, if I could change a thing  あぁ、 この状態を変えることができたなら
Why does it have to be this way  どうして こんな風になってしまうんだろう

You got to be strong now  きみはもっと強くならなきゃ
And if I come and hold you now  もしぼくがそばに行って、きみを抱きしめたら
You've got to be strong now  もっと強くならなきゃだめだよ
If I hold you now   もしぼくが きみを抱きしめたら
If I hold you now   ぼくが今 きみを抱きしめてあげたなら



little darling: かわいい(いとしい)人。
belle: 1.(仏語)美人。 2.女性の名。
fragile: 壊れやすい、もろい。 "Fragile"sticker:「割れ物」ステッカー。
shell: 1.殻、貝殻。 2.うわべ、外観。 "with(in) one's shell" 「自分の殻に閉じこもる」
powerful way: 有効な手段、効果的な方法。
seems to: ~みたいに見える、~のように思える。
regret: 1.後悔、心残り。 2.悲嘆、哀悼。

what's Wrong?:「どうかした?」、「何があったの?」、「何が問題?」、「何がいけないの?」
I can't go on: もう駄目、これ以上無理。 もう、うんざり。

you've got to: きみは~しなければならない、~しなきゃ。 "You've got to enjoy life" 「人生は楽しまなきゃ」
safe and sound: 無事に。 安全に。 異常なし。
open up: (人の)心を開く、心を打ち明ける、打ち解ける。
gotta = got to: ~しなければならない。 ~しなければ。

why does it..: どうして~となるのか。
this way: このように、こんな風に。

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

364. With Every Light ウィズ・エヴリ・ライト

With Every Light ウィズ・エヴリ・ライト : 
          The Smashing Pumpkins スマッシング・パンプキンズ

オリジナル・メンバーとしては最後となった5作目のアルバムから、終りの方に収められているこの曲を選んでみました。


Alubm : Machina [Import]
  マシーナ (試聴可)

Released: February 29, 2000
Written by: Billy Corgan (ビリー・コーガン)
Produced by: Flood , Billy Corgan

  スマッシング・パンプキンズについて:
Billy(V), D'arcy(B), James(G), Jimmy(D)
 フリー百科事典『ウィキペディア』  

この曲を含むアルバムからは、3年前に「Stand Inside Your Love」(スタンド・インサイド・ユア・ラヴ:224回目)を採り上げたことがありました。 Amazonでは中古のCDが1円で売られていたりしますが、割と好きなアルバムで今でも時々聴きたくなります。

このアルバムからはドラムのジミー・チェンバレンが復帰してオリジナルの4人編成に戻りますが、ベースのダーシーがレコーディングの途中で抜けてしまい、彼女は数曲しかプレイしていないようです。 アルバムの完成後、急遽代役として同じ女性ベーシストのメリッサを加え、フェアウェル(さよなら)コンサートを世界各地で行ったあと、バンドは惜しまれながら解散してしまいました。

ビリー・コーガンの書く歌詞には意味の分かりにくいものが多いのですが、"Machina: The Machines of God" 「マシーナ/ザ・マシーン・オブ・ゴッド」というアルバムのタイトル通り、この曲は神や信仰について歌っているようです。
"Throw the weight up off you shoulders" (肩の重荷を投げ下ろしなさい)というフレーズも、解釈の仕方によっては新約聖書にある福音(ふくいん)のように聞こえます。
"Come to Me, all who are weary and heavy laden, and I will give you rest."
(「私の下(もと)に来なさい、重荷を背負って疲れている全ての人々を、私が休ませてあげるから」 : マタイによる福音書・第11章)

タイトルにある"Light"も「明かり」よりは「光明」と訳したいところですが、あまり宗教くさくならないように「光」としておきました。 人生の重荷を背負って苦しむ者が、心のどこかで安らぎや救いを求めているような・・・私にはそんな風に聞こえるので、そんな感じで訳してみました。



●The Smashing Pumpkins:
  Billy Corgan (ビリー・コーガン) – vocals, guitar, bass guitar, keyboards
  James Iha (ジェームス・イハ) – guitar, bass guitar
  Jimmy Chamberlin (ジミー・チェンバレン) – drums
  D'arcy Wretzky (ダーシー・レッキー) – bass guitar (certain tracks only)

Additional musicians:
  Mike Garson – piano on "With Every Light"

  ●歌詞と対訳●

Taking over   『引き受けよう
We're taking over  私たちが引き受けるから
Throw the weight up off you shoulders now  その肩の荷を 降ろしなさい
That we can show our love  そうすれば 私たちの愛を示すことが出来るから』

It's almost over, it's almost over  もうすぐ終わる、もうすぐ終わるんだ
No more war and no more soldiers  戦争なんてやめよう、兵士達も不要になる
To stand against his love   その方(かた)の 愛の前にたたずむ時には

Away with all the troubles that you've made 人が起こした全ての揉め事から離れ
Away with waiting for another day   平凡な毎日を 待つことからも離れて   
Away   遠く離れて

Look ma the sun is shining on me  見てごらん、太陽が頭上に輝くのを
Impatient, in love and aching to be 待ち遠しくて、恋しくて、そうなる時を渇望してる
Could you believe in heaven  天国というものを 信じるかい
If heaven was all you had  もし天国が 人の手にした全てだったとしても

We're taking over, we're taking over  『引き受けよう、私たちが引き受けるから
Throw away your four leafed clovers そんな四葉のクローバーは 投げ棄てなさい
And stand beside this love   この愛のそばに たたずむ時には(不要だから)』

Away with everything you've grown to hate 膨れ上がった全ての憎しみから離れ
Away with anything that holds you safe  安全を保つ あらゆるものからも離れて
Away   遠く離れて

And every light I've found  ぼくの見つけた すべての光
(every light I've found)
Is every light that's shining down on me その光輝が ぼくの上から降り注ぐ
(Repeat:繰り返し×3)
I'm never alone  (そうなった時)ぼくはもう独りじゃないはず

Look ma the sun is shining on me  見てごらん、太陽が頭上に輝くのを
Taking my time to do as I please  自分の時間をどう使おうと ぼくの自由なんだ
Could you believe in heaven  天国というものを 信じるかい
If heaven was all you had  もし天国が 人の手にした全てだったとしても

The sun is beaming, radiating  『太陽が輝き、光を放つ
All the love we are creating  あらゆる愛を 私たちは創り出す
We are creating        私たちは (世界を)創造する』

And every light I've found  ぼくの見つけた すべての光
(every light I've found)
Is every light that's shining down on me その光輝が ぼくの上から降り注ぐ
(Repeat:繰り返し×4)
I'm never alone  (そうなった時)ぼくはもう独りじゃないんだ



take over: 1.(仕事などを)引き受ける、代わってやる。 2.(責任などを)引き継ぐ、引き受ける。
throw off: 振り捨てる、放出する、かなぐり捨てる。
almost over: もうすぐ終わる。
no more: もはや~しない。 それ以上~ない。
his: 単なる「彼の」というよりも、人の重荷を担ってくれる救い主を指していると解釈しています。

you: これも「人」と解釈しています。
make trouble: トラブル(問題、いざこざ、揉め事)を起こす。
another day: いつもと同じ日。 いつもと変わらない一日。

ma: 1.(米方言)"my"(「おぉ」とか「おや」といった間投詞 。2.(幼児語)"mama"(ママ)。
impatient: 待ち遠しい、待ちきれない。
in love: (~に)恋をして、心を奪われて。
aching: 心がうずく、切望する。
believe in: ~の存在を信ずる、~を信頼する。

light: 明かり、灯り。 光。 輝き、光輝。 光明。
(これも単なる「明かり」よりは「光明」としたいところですが、宗教臭くならないように「光」としておきました)
shine down: 下を照らす。
four-leaf(ed) clover: 四葉のクローバー。 四枚の葉がそれぞれ、"faith"(信仰)、"hope"(希望)、"love"(愛)、"luck"(運)を象徴し、幸運をもたらすとされている。
grown to: 成長した。
 
take one's time: (自分の好きなだけ)時間をかける、ゆっくりやる、じっくりやる。
do as .. please: ~の勝手にやる。 好きなように(自由に)やる。

beaming: 光り輝く。
radiating: 放射する。
creating: 創造する。 "create"は(神が)「創造する」、(自然が)「創り出す」こと。

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示