スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

357. Wild Mountainside ワイルド・マウンテンサイド

Wild Mountainside ワイルド・マウンテンサイド : Eddi Reader エディ・リーダー

エディ・リーダー2003年のアルバムから、ストリングスや笛の音色が美しいこの曲を選んでみました。


Alubm : Songs of Robert Burns
  ロバート・バーンズを想う

Released: May 12, 2003 (UK), February 3, 2004 (US)
Written by: John Douglas (ジョン・ダグラス)
Produced by: Boo Hewerdine (ブー・ヒュワディーン)

  エディ・リーダー について:
Eddi Reader
 フリー百科事典『ウィキペディア』

1990年にフェアーグラウンド・アトラクションが解散してから、ソロとして何枚ものアルバムをリリースしてきたエディ・リーダーの、これは故郷スコットランドの詩人 Robert Burns (ロバート・バーンズ:1759~1796)の曲を歌ったアルバムの中に収められていたものです。 
もっともこの曲だけはロバート・バーンズの作品ではなく、アルバムのレコーディングにウクレレ奏者として参加していた同郷のミュージシャン、ジョン・ダグラスの書いた現代のものとなっていました。

その件については エディ・リーダー自身の解説 によると、
This song was written by John Richard Douglas of Irvine, Ayrshire.
この歌はスコットランドのエアーシア生まれ、アーヴァインのジョン・リチャード・ダグラスによって書かれたもの。

John plays and writes in the band The Trashcan Sinatras.
ジョンは「トラッシュキャン(ゴミ箱)・シナトラズ」というバンドで曲を書いて演奏してる人。
(※ トラッシュキャン・シナトラズ には、エディ・リーダーの弟フランシスも在籍)

I wanted to include this song, because I wanted to show how poetry is alive and well in Burns country.
私はこの曲を(バーンズのアルバムに)入れたいと思った、というのもその詩歌がバーンズの領分内でどのようにより良く活かされるかを見たかったから。

Through the centuries it still breaths its way out of the sons and daughters of the west coast of Scotland.
二世紀もの時を経てそれは未(いま)だに息づき、スコットランド西海岸に住む(バーンズの末裔ともいえる)子息や子女たち(の息吹きの中)から脱け出してくるもの。

Also its a homecoming song.   それはまた、帰郷の歌でもあるし。

I found an appreciation of Burns along with my way home to Scotland.
私は故郷のスコットランドにバーンズ(の歌)と共に戻る途中で、或る感謝の気持ちを見いだしていた。
―ということになっています。 "We are all Robert's babies." (私たちは皆ロバートの子供なの)―ともエディ・リーダーは語っていました。 トラディショナルな曲の中に入っていても特に違和感なく聴けますし、むしろ古くて暗い感じの曲の中にこうしたきれいな歌の流れる方が、ホッとした気持ちになれるのもまた事実です。

フェアーグラウンド・アトラクション以来、野暮ったいメガネがトレードマークだったエディ・リーダーは、21世紀に入ってからあのメガネはやめてしまったみたいですが、歌の方は自分のルーツ(根っこ)であるスコットランドの曲に向けられ、より純粋になっているようです。 飾らない野暮ったさのままでも良かったのですけどね・・・

このアルバムの4曲目に入っている "4. Ae Fond Kiss"(イ・フォンド・キス/6:36)は、フェアーグラウンド・アトラクション解散後にリリースされた企画版 "Ay Fond Kiss"(邦題:「ラスト・キッス」)というアルバムの最後に収められていた "12. Ay Fond Kiss"(アイ・フォンド・キッス/3:20)と基本的には同じものですが(スペルが違う?)、このアルバムのバージョンを聴いた後だと後者の方はデモ・テープのように聴こえます。 彼女が本当にやりたかったのはこうした音作りだったのでしょう。

このアルバムの最後には "11. Auld Lang Syne"(オールド・ラング・ザイン)も入っています。 日本では「蛍の光」といった方が分かりやすいと思いますが、日本語の歌詞は中国の故事を基にしたものでオリジナル歌詞の翻訳ではありませんし、こちらのバージョンはおなじみのメロディとも違うので、知らずに聴いていれば全く別の曲と思うことでしょう。

今回は YouTube に音の良い動画が無かったため、リンクは貼りませんでした。 下の Grooveshark のリンクから音だけ聴いて下さい。  彼女の歌声があれば、余計な映像は不要ですので。

Eddi Reader : vocal
with :
  Ian Carr : acoustic guitar
  Boo Hewerdine : acoustic guitar
  Christine Hanson : cello
  Ewen Vernal : double bass
  Phil Cunningham : accordion, whistle
  John McCusker : whistle
  Kate Rusby : harmony vocal

Royal Scottish National Orchestra
 ( conducted & strings arranged by Kevin McCrae )

Grooveshark で Wild Mountainside 『ワイルド・マウンテンサイド』を聴く: (3:55)

  ●歌詞と対訳●

[1]
Beauty is within grasp  美しさが 手の届くところにある
Hear the islands call  島々の呼び声を 聞こう
The last mile is upon us  最後の行程が 近づいている
I'll carry you if you fall  あなたが倒れたら 私が支えてあげるから

I know the armour's heavy now  その防護服が重いのは 分かっている
I know the heart is tired   その心が疲れているのも 知っている
It's beautiful just over  その美しい所までは あと少しの距離を残すのみ
The wild mountainside   その野生の 山腹まで

[2]
Snow is falling all over  あたり一面に 雪が降っている
Out of clear blue sky  晴れ渡った 青空から
Crow is flying high over  烏(カラス)は 頭上高く舞い上がり
You and I are going to wander  あなたと私は 当てもなく彷徨(さまよ)う

High up where the air is rare  空気の希薄な 高地で
Wild horses ride   野生の馬たちに またがろう
It's beautiful, let's go over  それは美しい、 そこへ行ってみよう
The wild mountainside   その野生の 山腹へと

Wild and free we roam  自然と自由の中を 私たちは気ままに歩き回ろう
Only a mile to go  (そこまでは)たった1マイルの距離だから

間奏 : Royal Scottish National Orchestra / Phil Cunningham & John McCusker : whistle

Wild and free we roam  自然と自由の中を 私たちは当ても無く歩こう
Only a mile to go  (そこまでは)わずか1マイルの距離を残すのみ

[3]
Beauty is within grasp  素晴らしさが すぐ手の届くところにある
Hear the highlands call  (スコットランド)高地の 呼び声を聞こう
The last mile is upon us  最後の行程は もうすぐそこだから
I'll carry you if you fall  あなたが倒れたら 私が支えてあげるから

I know the armour's heavy now  その武具が重いのは 分かっている
I know the heart inside   その心のうちも 知っている
It's beautiful, let's go over  それは美しい、 そこへ行ってみよう
The wild mountainside   その野生の 山腹へと

It's beautiful, just roaming  その美しさの中を、ただ歩き回ろう
The wild mountainside  手付かずの自然が残る 山の中腹へと

Let's go over   そこへ 行ってみよう
Let's go roaming  当てもなく さまよい歩こう 

Hear the highlands call  (スコットランド)高地の 呼び声を聞こう
Hear the highlands call  (スコットランド)山岳地帯の 呼ぶ声を聞こう


※ within (one's) grasp: 手の届くところに、手の届く範囲に。
※ the last mile: 最後の1マイル。 1マイルは1.6km.だが、これは比喩(ひゆ)的な表現。
※ be upon us: upon = on で、「近づいている」
※ I'll cally you: あなたを負ぶって(抱っこして)あげよう。 あなたを運んであげよう。
※ if you fall: もしあなたが転んだら(倒れたら)。 もしあなたが失敗したら。
※ armour: 甲冑(かっちゅう)、鎧兜(よろいかぶと)、防護服。 これも比喩的です。
※ just over: わずか~を残すのみ。 あと~余りで。
※ wild: 野生の。自然の。未開の。手付かずの。  荒れた、荒涼とした。
※ mountainside: 山腹。 山の斜面。

※ all over: 全体に渡って、一面に。 至るところ、くまなく。
※ out of: ~から、~の中から(抜け出して)。
※ high over: 頭上高く。
※ wander: さまよう、うろつく、(あてもなく)歩き回る。 放浪する。
※ high up: 高いところ、上層の、上位の。
※ rare: (空気が)希薄な。 "where" "air" "rare" と並べて韻を踏んでいます。
※ let's go over (there): (あちらへ)行ってみましょう。
※ roam: (あてもなく)歩き回る、ぶらつく、放浪する。 (類語)= wander

※ the highlands: スコットランド高地地方。 「ハイランド」はスコットランドの別名。
(1番の "the islands" と並べて韻を踏んでいます)
    
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

356. Angel Mine エンジェル・マイン

Angel Mine エンジェル・マイン : Cowboy Junkies カウボーイ・ジャンキーズ

カウボーイ・ジャンキーズ1996年のアルバムから、セカンド・シングルとなったこの曲を選んでみました。


Alubm : Lay It Down (Import)
  レイ・イット・ダウン

Released: February 27, 1996 (Album)
Written by: Michael Timmins (マイケル・ティミンズ)
Produced by: John Keane (ジョン・キーン)

  Cowboy Junkies について:
Michael(G), Margo(V), Alan(B), Peter(D)
 フリー百科事典『ウィキペディア』

「会社と私たちとの関係が干上がってしまった」―というRCAレコードを離れ、ゲフィン・レコードと新たな契約を交わして作られたアルバムはシンプルなサウンドで、彼らの原点に戻ったような印象を受けます。

グランジやオルタナティブといったバンドが台頭してきた80年代の終わり頃に、それとはまるで対極にあるような静かなサウンドで登場した彼らは、別の意味でミュージック・シーンに衝撃を与えました。 それも素人同然の無名のグループが、ほとんど予算をかけず教会を借りて録音したデモ・テープのような内容だったのだから尚更です。

"Lay It Down" / 「レイ・イット・ダウン」(主張しろ/はっきり述べろ)と題されたこの曲を含むアルバムは、決して声高(こわだか)に叫ぶことはなく、いつもながらの感情を極力抑えたような静かな歌い方と演奏に終始しています。 「静かに歌っても、気持ちを伝えることはできるはず」―とでも言いたげな、静かさの中に感じられる力強さや情熱が、彼らなりの主張の仕方なのでしょう。

このアルバムは、地元カナダのアルバム・チャートで20位まで上がり(アメリカでは55位)、セカンド・シングルとなったこの曲もカナダのシングル・チャートで7位となっています。 他の国ではサッパリでしたが・・・

ところでこの曲のタイトルですが、"Angel of Mine" なら「私の天使」と訳せるし、そうしたタイトルの曲もあるのだけれど、 "Angel Mine" だとちょっと分かりにくくなります。 
"Mine" には「鉱山」や「宝の山」という意味もあり、"Gold mine" だと「金鉱」、"Diamond mine" だと「ダイヤモンド鉱山」だから、 "Angel Mine" だと「天使の性(さが)を埋もれさせた人」くらいの感じでしょうか。 
歌詞を読んでみると、「翼を失くし、ヘイロゥ(頭の光輪)が錆び付いて輝きを失った、(かつては)天使の様に見えた人」のことを歌っているようなので、日本語にすると「翼を失くした天使」といったところでしょうか。 でも詩的ではないし、無理に訳さずそのままにしておきました。

1978年のニュージーランド映画に、同名の "Angel Mine" という風変わりな映画があり、その歌の中に "You're angel mine" というフレーズが出てきます。 ちょっと不思議な響きですが、この曲のPV(プロモーション・ヴィデオ)に出てくる映画館の名前が "ANGEL MINE" となっていました。 やはり訳しようがないから、言葉の響きのままに受け止めておいて下さい。 

このアルバムからは、やはりシングルとなった 5. Come Calling (His Song) もお勧めしておきます。



Cowboy Junkies
  Michael Timmins (マイケル・ティミンズ) – guitar, song written
  Margo Timmins (マーゴ・ティミンズ) – lead vocals
  Alan Anton (アラン・アントン) – bass
  Peter Timmins (ピーター・ティミンズ) – drums

Additional musicians:
  Tim White, Jeff Bird : organ
  John Keane : pedal steel guitar

 Grooveshark で "Angel Mine" 「エンジェル・マイン」を聴く: (4:00)

  ●歌詞と対訳●

[1]
He searched for those wings that he knew  彼はかつて見たことがある 一対の翼を捜していた
That this angel should have at her back それはこの天使の様な彼女の 背中に有ったはずのもの
And although he can't find them   そして それが見つからなかったとしても
He really don't mind    彼は別に 気にもしていなかった
Because he knows they'll grow back  だってそれはまた生えてくることを 彼は知っていたから

And he reached for that halo that he knows そして彼だけが知る ヘィロゥ(光輪)に手を伸ばす
That she had when she first caught his eye それは彼の目を最初に捕らえた 彼女に備わったもの
Although his hand came back empty  彼がその手に 何も持たずに戻って来たとしても
He's really not worried    彼は別に 心配してもいなかった
'cause he knows it still shines   だって彼は それがまだ輝いているのを知っていたから

(Chorus)
I can't promise that I'll grow those wings その(天使の)翼が 生えてくるという保障はないし
Or keep this tarnished halo shined  この曇ったヘィロゥ(光輪)が 輝き続けることもないけど
But I'll never betray your trust   でも私は あなたの信頼を裏切ることは 決してなかった
Angel mine    エンジェル・マイン  (かつては 天使のように見えた人)

[2]
I search all the time on the ground  私はずっと 地面の上を捜していた
For our shadows cast side by side   私たちが二人並んで 影を落としているあたりを
Just to remind me that I haven't gone crazy  ただ私が 狂っていないことを思い出すために
That you exist and are mine   それはあなたが実在し それが私のものであり

And I know that your skin is as warm -  そして あなたの肌があたたかく、
and as real as that smile in your eyes あなたの瞳の中の微笑みが 現実のものだということを
But I have to keep touching and smelling でも私はあなたに触れ 匂いを嗅がずにはいられない
And tasting for fear it's all lies   それが全て偽りでないか心配で 味わってみるために 

(Chorus)
I can't promise that I'll grow those wings その翼が生えてくるという 約束はできないし
Or keep this tarnished halo shined この錆付いたヘィロゥ(光輝)が 輝き続けることもないけど
But I'll never betray your trust   でも私は あなたの信頼を裏切ることは 一度もなかった
Angel mine    エンジェル・マイン

(間奏)

[3]
Last night I awoke from the deepest of sleeps  昨夜私は 深い眠りから起こされた
With your voice in my head    頭の中で あなたの声が聞こえたから
And I could tell by your breathing   そして あなたの息づかいも感じられた
That you were still sleeping   あなたがまだ 眠っていた時に    
I repeated those words that you had said 私はあなたが言った言葉を もう一度繰り返したの

(Chorus)
I can't promise that I'll grow those wings  その翼が生えてくるという 保障はないし
Or keep this tarnished halo shined この錆付いたヘィロゥ(栄光)が 輝き続けることもないけど
But I'll never betray your trust   でも私は あなたの信頼を裏切ることは 決してなかった
Angel mine    エンジェル・マイン

I can't promise that I'll grow those wings  その翼が生えてくるという 約束はできないし
Or keep this tarnished halo shined  この曇ったヘィロゥ(光輪)が 輝き続けることもないけど
But I'll never betray your trust   でも私は あなたの信頼を裏切ることは 一度もなかった
Angel mine    エンジェル・マイン

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

355. Someday サムデイ

Someday サムデイ : Neil Young ニール・ヤング

ニール・ヤング1989年のアルバムから、個人的に好きなこの曲を選んでみました。


Alubm : Freedom (Import)
  フリーダム (試聴可)

Released: October 2, 1989
Written by: Neil Young (ニール・ヤング)
Produced by: Neil Young, Niko Bolas (The Volume Dealers)

  ニール・ヤング について:
Neil Young
 フリー百科事典『ウィキペディア』


この曲を含むアルバムは、今では代表曲の一つになっている "Rockin' In The Free World" (ロッキン・イン・ザ・フリー・ワールド)で始まり、同じ曲のライヴ・ヴァージョンで終わるという構成になっています。

そうしたアルバム構成は、その10年前にリリースされた "Rust Never Sleeps" (ラスト・ネヴァー・スリープス)でも同様でした。 
1曲目の「My My, Hay Hay (Out Of The Blue)」と、ラストの「Hey Hey, My My (Into The Black)」は、「ロックは死んだ」という捨てゼリフを残してセックス・ピストルズを解散した ジョニー・ロットン に対するアンサー・ソングであり、"Rock'n Roll can never die" (ロックン・ロールは決して死にやしない)と、「錆び付いても決して眠らない」男は「燃え尽きるまで」歌っていました。

この曲はそうした代表曲ではなく、シングルにもなっていませんが、好きな曲なので採り上げてみた次第です。 ニール・ヤングの書く歌詞は私小説のように身近な人や出来事をつづったものが多く、どうも意味が分かりにくいので、ずっと前から歌詞を訳してあったものの公開する気になれずにいたものの一つでした。 でも難解な歌詞はともかくとして、曲が良いから素直に聴けてしまいます。

ニール・ヤングは クレイジー・ホース の面々とプレイすることが多いのですが、このアルバムでは別の面子(めんつ)と演(や)っていて、アルバムを買った当時は良く聴いていました。 その中でもこの曲は、今でも時々聴きたくなります。 特に三番で入るコーラスというか労働者風の合いの手は、力強くて好きですね。



サングラスがニール・ヤング
  Neil Young – vocals; acoustic guitar; electric guitar
  Chad Cromwell – drums
  Rick "The Bass Player" Rosas – bass
  Frank "Poncho" Sampedro – keyboards
  Ben Keith – alto saxophone

【 Additional personnel 】
  Steve Lawrence – tenor saxophone
  Larry Cragg – baritone saxophone
  Claude Cailliet – trombone
  John Fumo – trumpet
  Tom Bray – trumpet

Grooveshark で "Someday" 「サムデイ」を聴く: (5:42)

  ●歌詞と対訳●

[1]
Rommel wore a ring on his finger   ロモールはその指に 指輪をはめていて
He only took it off    彼が唯一 それを外すのは
when he flew his plane   自分の飛行機を操縦する時だった
Once he told me why   彼はかつて俺に それがなぜなのかを話してくれた
He said, we all have to fly  彼は、「俺たちは皆 飛ばなきゃならないんだ」―と言った ※
Someday    いずれ
We all have to fly   「俺たちは皆 (天へと)舞い上がらねばならないのだから」、と
Someday.   いつの日にか

[2]
The T.V. preacher can't be bothered   TV の説教師は 悩んだりなどしていられない ※
With those petty things    そうした細々としたことで 
He stays a step removed so they say  彼はいつも一歩距離を置いている、と人々は言う ※
He's pipin' music in   彼は パイプ(オルガン)が奏でられる中で
We all have to sin   「私たちはみんな 罪を犯すことになるでしょう」、(と言う)
Someday    いずれ
We all have to sin   「私たちはみんな 罪を犯さざるを得ないでしょう」、と
Someday.    いつの日にか

[3]
Workin' on that great Alaska pipeline   アラスカの 巨大なパイプラインで働く
Many men were lost in the pipe   多くの人たちが そのパイプの中で亡くなった
They went to fuelin' cars   人々はみんな 車に燃料を入れに行くけれど
How smog might turn to stars   どうすればスモッグ(の空)が 星空に変るだろうか
Someday     いつか
Smog might turn to stars    スモッグ(の空)は 星空に変るだろうか
Someday.    いつの日にか

(間奏)

[4]
Hold me baby, put your arms around me  抱きしめてくれ、ベイビィ、きみの腕を俺にからめて
Give me all the love you have to give  きみにできる限りの愛を すべて俺に与えておくれ
Tomorrow won't be late   明日では遅いんだ
We won't have to wait    俺たちは 待たなくても良くなるだろう
Someday   いつか
We won't have to wait    俺たちは 待たなくて良くなるだろう
Someday.    いつの日にか


※ fly: 「飛ぶ」とか「舞い上がる」といった意味が一般的ですが、他にも「逃げる」とか「消えてなくなる」といった意味もあります。
※ T.V. preacher: テレビを通して説教をする牧師。 アメリカではそうしたテレビ牧師がたくさんいます。
※ one step removed:一歩距離を置く、一歩遠ざける。
※ they say:~ということだ、~らしい。

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。