スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

150. You're Beautiful ユア・ビューティフル

You're Beautiful ユア・ビューティフル : James Blunt ジェームス・ブラント


Alubm : Back to Bedlam
  バック・トゥ・ベッドラム

Released: 2005
Written by: James Blunt, Sacha Skarbek, Amanda Ghost
Produced by: Tom Rothrock

  ジェームス・ブラントについて:
James Blunt
 フリー百科事典『ウィキペディア』  

 この曲は本国イギリスで1位になったのを始めとして、アメリカやカナダなど世界11カ国でNo.1となり、ジェームス・ブラントの名を一躍有名にしました。 イギリスのあるFM局ではあまりにもリクエストが殺到したため、放送を自粛する騒ぎまで起こったそうです。

 そのためか、「The Sun」という英国タブロイド紙の「the most irritating song of all time」(史上最もイライラさせる曲)で堂々の第1位に選出されたり、「Rolling Stone」の「the 10 most annoying songs」(10の最もムカつく歌)で7位にランクされたり、ジェームス・ブラント本人もイギリスの 「ウザい物トップ100」 というランキングで4位になるなど反発も強まりました。 パロディで有名なアル・ヤンコビックには「You're Pitiful」(哀れな、情けない)というパロディ・ソングまで作られています。 あまりに売れすぎるのも考えものですね・・・

 そうしたことはともかくとして、この歌詞は 「You're beautiful」 というフレーズが何度も繰り返され、日本人でも判りやすいものになっていますが、地下鉄で出会った女性のことを歌っています。 そしてその女性は初対面ではなく元彼女で、既に別の彼氏を連れていました。
 ジェームス・ブラントによるとその女性は Dixie Chassay (映画「ハリー・ポッター」のキャスティング・ディレクター)という実在する人物のようです。 彼女とはロンドンの地下鉄で出会い、それだけのことで何も起こらず、その後も会っていないということでした。

 理解に苦しむのはこの曲のミュージック・ヴィデオで、主人公が崖から海に飛び込む設定になっています。 雪の降る中を歌いながら何枚もシャツを脱ぎ、靴や遺品をキチンと揃えてから海に飛び込むというのはかなり奇妙な設定であり、そうしたこともパロディにされたり嫌われる要因となっているのかもしれません。 個人的には普通にギター抱えて歌ってくれる方が良いのですけどね・・・
 私がYouTube をあまり利用しないのは、歌詞を読むのに動画が妨げになるというだけでなく、動画を観てガッカリすることの方が多いからです。 このPV(プロモーション・ヴィデオ)もその類(たぐい)でした。
 あまりお勧めしませんが、そのPVを観たい方はこちら→ James Blunt - "You're Beautiful"

 この曲には幾つかのヴァージョンがあって、歌詞や長さも違うようです。
短いラジオ・ヴァージョンはこちら: 3:22 (Single Version) 

  You're Beautiful 『ユア・ビューティフル』を聴く: 3:34 (Album Version)
(※自動的に再生が始まらない時は、上にある「PLAY」をクリックして下さい)

  ●歌詞と訳詞●

My life is brilliant.   ぼくの人生は 輝いている

My life is brilliant.   ぼくの人生は 輝いている
My love is pure.   ぼくの愛は 純粋だ
I saw an angel   ぼくは 一人の天使を見た
Of that I'm sure.   それは確かなことだ
She smiled at me on the subway.   彼女はぼくに微笑んだ 地下鉄の中で
She was with another man.   彼女は 別の男と一緒だったけど
But I won't lose no sleep on that night   ぼくは今夜眠れなくても 構わない ※
'Cause I've got a plan.   なぜってぼくには あるプラン(計画)があるから ※

You're beautiful,   きみは美しい
You're beautiful,   きみはきれいだ
You're beautiful, it's true.   きみは美しい、それは本当さ
I saw your face in a crowded place,   ぼくはきみの顔を見た 混雑した場所で
And I don't know what to do   でもぼくは どうしていいのか判らない
'Cause I'll never be with you.   だって ぼくはきみと一緒には なれないから

Yes, she caught my eye   そう、彼女はぼくの目を惹きつけた
As I walked on by.   ぼくが行き過ぎる時に
She could see from my face   彼女は ぼくの顔つきから判ったはず
that I was flying high,   ぼくが 舞い上がっていたことを
And I don't think   でも ぼくには思えなかった
that I'll see her again,   また彼女に逢えることは
But we shared a moment   でも ぼくらはその瞬間を分け合ったんだ
that will last 'til the end.   終りまで続いた その時を ※

You're beautiful,   きみは美しい
You're beautiful,   きみはきれいだ
You're beautiful, it's true.   きみは美しい、それは本当さ
I saw your face in a crowded place,   ぼくはあなたの顔を見た 混雑した場所で
And I don't know what to do   でもぼくは どうしていいのか判らない
'Cause I'll never be with you.   だって ぼくはきみと一緒にはなれないから

Dalalalala Dalalalala Dalalalala Dalalalala Daha...

You're beautiful,   きみは美しい
You're beautiful,   きみはきれいだ
You're beautiful, it's true.   きみは美しい、それは本当さ
There must be an angel   天使がいるに違いない
With a smile on her face   彼女の 微笑みの中に
When she thought up    彼女が こう考えた時に ※
that I should be with you,   ぼくが きみと一緒になるべきだって

But it's time to face the truth.   でも 現実と向き合う時が来たようだ
I will never be with you.   ぼくは決して きみと一緒には なれないだろうから・・・


※ last :この場合は「続く」や「継続する」
※ I won't lose :直訳すると「負けたくない」
※ a plan :歌詞には書かれていませんが、ミュージック・ヴィデオではこの男、これから海に飛び込み自殺する計画(プラン)があるようです。
※ thought up :「think up」の過去形で、「考案する」、「考え出す」
※ face the truth :直訳すると「真実と向き合う」 
記事編集
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

149. Boulevard of Broken Dreams ブールヴァード・オブ・ブロークン・ドリームス

Boulevard of Broken Dreams ブールヴァード・オブ・ブロークン・ドリームス :
                                          Green Day グリーン・デイ


Alubm : American Idiot
  アメリカン・イディオット
(試聴可)
Released: 2005
Written by: Green Day, Billie Joe Armstrong
Produced by: Green Day, Rob Cavallo

  グリーン・デイについて:
 フリー百科事典『ウィキペディア』  

 1994年にグリーン・デイがメジャー・デビューしてから10年目、通算5枚目のアルバムAmerican Idiot
(アメリカン・イディオット)からのセカンド・シングルです。

 アルバム・タイトルにある「Idiot」(イディオット)は「馬鹿」とか「白痴」という意味ですが、おそらくは似たようなタイトルであるJohn Cougar (Mellencamp) の「American Fool」(アメリカン・フール:1982年)との重複を避けてのことでしょう。
 このアルバムはイラク戦争を引き起こしたブッシュ政権やアメリカに対する批判が込められており、アルバム・チャートで1位になっただけでなく、翌年のグラミーで「Best Rock Album」(最優秀ロック・アルバム賞)を受賞しました。 タイトル曲の American Idiot」(アメリカン・イディオット)を聴いてみれば判りますが、彼らは元気でポップなパンク・ロック・グループです。

 この曲のシングルはアルバム発売の翌年1月にリリースされ、アメリカで最高2位、イギリスやオーストラリアでは5位のヒットとなり、翌2006年のグラミーでは「Record of the Year」(最優秀レコード賞)を受賞しました。 反対にオアシスのリアム・ギャラガー(弟)からは「ワンダーウォール」とコード進行が同じだというクレームが付けられています。(オアシスの場合、レディオヘッドとか色んな人たちにケチを付けていますが・・・) 

 最近は抽象的で訳しにくい歌詞が続いていましたが、こうしたストレートな曲はシンプルでいいですね。 思ったことをストレートに表現していれば気持ちは伝わるはずだし、それは翻訳したものでも同じだと思うのです。 判りやすい歌詞の方が誤訳も少なくなりますし・・・ 

Boulevard of Broken Dreams 『ブールヴァード・オブ・ブロークン・ドリームス』を聴く:
(※自動的に再生が始まらない時は、上にある「PLAY」をクリックして下さい)

  ●歌詞と訳詞●

I walk a lonely road   俺は さびしい道を歩いている
The only one that I have ever known   それは 俺が知っている唯一のもの
Don't know where it goes   それが どこへ向かうのかは分からない
But It's only me and I walk alone   でも たかが自分のこと 俺は独りで歩くのさ ※

I walk this empty street   俺は この空っぽの通りを歩いている
On the Boulevard of broken dreams   破れた夢たちの大通りの上を ※
Where the city sleeps   街が眠りに就くところ
And I'm the only one and I walk alone   俺はたった一人 だから俺は独りで歩くのさ

I walk alone   独りで歩く
I walk alone   独りで歩く

I walk alone   独りで歩く
I walk a...

(Chorus)
My shadow's only one that walks beside me   俺と一緒に歩くのは 唯一 俺の影だけ
My shallow heart's the only thing that's beating   俺の薄っぺらな心臓だけが脈打ってる※ 
Sometimes I wish   時々 俺は願う
some one out there will find me   誰かがどこかで 俺を見つけてくれないかと
'Til then I walk alone   それまで 俺は独りであるくのさ

Ah-ah Ah-ah Ah-ah Aaah-ah
Ah-ah Ah-ah Ah-ah

I'm walking down the line   俺は 線の上を歩いている ※ 
That divides me somewhere in my mind   それはどこかで 俺の心を二つに分けているんだ※
On the border line of the edge   その境界線ギリギリの 淵の上を
And where I walk alone   それは 俺が独りで歩くところ

Read between the lines what's   線の間にあるものを 読み取る ※
Fucked up and everything's all right   失敗したものと すべて問題無いものとを ※
Check my vital signs   俺のヴァイタル・サイン(血圧や体温など)を調べてくれ ※
to know I'm still alive   俺がまだ生きているかを 知るために
And I walk alone   そして 俺は独りで歩くのさ

I walk alone   独りで歩く
I walk alone   独りで歩く

I walk alone   独りで歩く
I walk a...

(Chorus)
My shadow's only one that walks beside me   俺と一緒に歩くのは 唯一 俺の影だけ
My shallow heart's the only thing that's beating   俺の薄っぺらな心臓だけが鼓動している 
Sometimes I wish   時々 俺は願う
some one out there will find me   誰かがどこかで 俺を見つけてくれないかと
'Til then I walk alone   それまで 俺は独りであるくのさ

Ah-Ah Ah-Ah Ah-Ah Aaah-Ah
Ah-Ah Ah-Ah

I walk alone   独りで歩く
I walk a...

(間奏)

I walk this empty street   俺は この誰もいない通りを歩いている
On the Boulevard of broken dreams   破れた夢たちの大通りの上を
Where the city sleeps   街が眠りに就くところ
And I'm the only one and I walk a...   そして俺はただ一人 そして俺は歩く・・・

(Chorus)
My shadow's only one that walks beside me   俺と一緒に歩くのは 唯一俺の影だけ
My shallow heart's the only thing that's beating   俺の薄っぺらな心臓だけが 脈打ってる 
Sometimes I wish   時々 俺は願う
some one out there will find me   誰かがどこかで 俺を見つけてくれないかと
'Til then I walk alone   それまで 俺は独りであるくのさ


※ It's only :「たかが」、「ただの」、「たかだか」 It's only Rock'n Roll だと「たかがロックンロール」
※ Boulevard :(米)「大通り」
※ shallow :「浅い」、「浅薄な」。前の「shadow」と並べて韻を踏んでいますが、深い意味は無いでしょう。
※ down the line :「線に沿って」、「まっすぐに」の他に、「all along the line」と同じで「いつでも」という意味もあり。
※ divide :「分離する」、「区分する」、「分ける」
※ between the lines :文字通り「行間」とも訳せるが、前が線(ライン)となっているので「線の間」としておいた。
※ Fucked up :messed up と同じ使い方で、「やっちまった」とか「しくじった」、あるいは「もうだめだ」など。 「Fuck」は汚い不良言葉なので、良い子の皆さんは真似をしないで下さい。
※ vital signs :医療では「血圧・脈拍・呼吸・体温」の四つを指す。 健康の度合いということでしょう。
記事編集

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

148. Sing シング

Sing シング : Travis トラヴィス

 サード・アルバムからシングル・カットされたこの曲は全英で3位となり、トラヴィス最大のヒット曲となりました。 この年の英国における上半期に最も多くラジオから流れた曲となり、フランスでも2位となっていますが、アメリカではあまり人気が無いみたいです。


Alubm : The Invisible Band
  インヴィジブル・バンド
(試聴可)
Released: 2001
Written by: Fran Healy (フラン・ヒーリィ)
Produced by: Nigel Godrich

  トラヴィスについて:
 Fran Healy (手前)
 フリー百科事典『ウィキペディア』  

 この曲は Fran Healy (フラン・ヒーリィ)が、パートナーの Nora (ノラ)のために書いたものです。 割とシンプルなフレーズの繰り返しですが、似たような単語を並べて韻(いん)を踏んでいる箇所が多く、日本語にしてしまうと面白くも何ともありません。
 たとえば「bring」、「thing」、「sing」とか、「Colder」、「shoulder」、「Hold her」といった具合で、それを美しいと感じるか単なる言葉のあそびと受け取るかで評価も違ってきます。 トラヴィスが好き嫌いの分かれるバンドなのはそうしたこともあるのでしょう。

 こうした歌詞を翻訳しても意味がないかもしれませんが、英語だと意味の判らない方のために一応対訳を付けておきました。 この曲は「sing, sing, sing」―というコーラスの部分がメインですから、ある程度の意味が判ったらなるべく英語の歌詞を読みながら言葉の響きを楽しむようにして下さい。


Sing 『シング』を聴く:
(※自動的に再生が始まらない時は、上にある「PLAY」をクリックして下さい)

  ●歌詞と訳詞●

Baby, you've been going so crazy,   ベイビィ、きみは頭がおかしくなりかけている
Lately nothing seems to be going right.   近頃は 何もうまく行くように思えない
So low,   そんなにひどく、
why do you have to get so low?   なぜきみは そんなにひどくなければならないのか?
You're so...   きみはそんなにも・・・
You've been waiting in the sun too long.   きみはあまりに長いこと 日なたで待ち続けていた

(Chorus)
But if you sing,   でも もしきみが歌ってくれるなら、
sing, sing, sing, sing, sing,   シング、シング、シング(歌おう)
For the love you bring   きみのもたらす愛は 
won't mean a thing,   何の意味も無くなるだろう ※
Unless you sing,    きみが歌ってくれないならば、
sing, sing, sing.   シング、シング、シング(歌って)


Colder, crying over your shoulder,   寒くなる、きみの肩越しに泣いている
Hold her, tell her everything's gonna be fine.   彼女を抱いて、彼女に全て良くなると言って
Surely, you've been going too early,   確かに、きみは今まで急ぎ過ぎていた
Hurry 'cos no-one's gonna be stopped.   急いでいて 誰も止められなかったから ※
Na na na na...

(Chorus)
But if you sing,   でも もしきみが歌ってくれるなら、
sing, sing, sing, sing, sing,   シング、シング、シング(歌おう)
For the love you bring   きみのもたらす愛は 
won't mean a thing,   何の意味も無くなるだろう
Unless you sing,    きみが歌ってくれないならば、
sing, sing, sing.   シング、シング、シング(歌って)

Uhhh...Ahh ahh..uhhh...

Baby, there's something going on today,   ベイビィ、今日は何かが起こっている ※
But I say nothing, nothing, nothing,   でもぼくは何も言わない、何も、何も、何も、
Nothing, nothing, nothing, nothing...(fades out)

(Chorus)
But if you sing,   でも もしきみが歌ってくれるなら、
sing, sing, sing, sing, sing,   シング、シング、シング(歌おう)
For the love you bring   きみのもたらす愛は 
won't mean a thing,   何の意味も無くなるだろう
Unless you sing,    きみが歌ってくれないならば、
sing, sing, sing.   シング、シング、シング(歌って)

Ohh baby sing,    ベイビィ、歌って
sing, sing, sing, sing, sing,   シング、シング、シング(歌おう)
For the love you bring   きみのもたらす愛は 
won't mean a thing,   何の意味も無くなるだろう
Unless you sing,    きみが歌ってくれないならば、
sing, sing, sing.   シング、シング、シング(歌って)


※ mean a thing :「意味が無い」。デューク・エリントンに「It Don't Mean A Thing (If It Ain't Got That Swing) 」(スイングしなけりゃ意味がない)というタイトルの曲があります。
※ go on :しばしば「going on」の形で(事が)「起こる」、(行事などが)「行われる」。マーヴィン・ゲイに「What's going on?」 (何が起こっているのか?)という曲があります。
※ 'cos :(話)because の略
記事編集

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

147. Won't Go Home Without You ウォント・ゴー・ホーム・ウィズアウト・ユー

Won't Go Home Without You ウォント・ゴー・ホーム・ウィズアウト・ユー : 
                                 Maroon 5 マルーン5 (マルーン・ファイブ)


Alubm : It Won't Be Soon Before Long
  
            イット・ウォント・ビー・スーン・ビフォー・ロング
(試聴可)
Released: 2007 (UK), 2008 (USA, AUS)
Written by: Adam Levine (アダム・レヴィーン)
Produced by: Mike Elizondo, Mark "Spike" Stent, Maroon 5
  マルーン5について:
Adam Levine 中央
 フリー百科事典『ウィキペディア』  

 この曲はマルーン5 のセカンド・アルバムからサード・シングルとして発売されました。 アメリカのチャートで最高48位と順位の方は大したことありませんでしたが、日本では車のTVコマーシャルで使われたこともあって人気があります。 もっともこれ、失恋ソングなのですけどね・・・
 ギターのアンダー・トーンはポリスの「Every Breath You Take」(見つめていたい)をベースにしているということで、そう言われてみれば確かに似ていますが、そうしたヒット曲のパターンを使うことで良い曲が出来るのであれば別に構わないでしょう。

 ファースト・アルバムから5年という長いスタンスを経て発売されたセカンド・アルバムですが、このアルバムからはファースト・シングルのMakes Me Wonder(メイクス・ミー・ワンダー)がアメリカとカナダで1位、イギリスとオーストラリアで2位の大ヒットとなりました。

 ヴォーカルで曲も書いているAdam Levine (アダム・レヴィーン)
はセックス・シンボルとして「最もセクシーな男ランキング」にも名前が登場するみたいですが、今はこういう人がいい男なのですね。 この人も音の後で映像を見た時は、顔と声が一致しないタイプの一人でした。
 「マルーン5を聴いて踊りだしたらアメリカ人」―というジョークがあるようですが、それだけアメリカでは人気があるということなのでしょう。 日本人はどうでしょうか・・・

 この曲はコーラスが5回も繰り返され、行の語尾には「tonight」、「right」、「night」―と似たような発音の単語を並べて韻(いん)を踏んでいるので、リズミカルで歌いやすくなっています。


Won't Go Home Without You 『ウォント・ゴー・ホーム・ウィズアウト・ユー』を聴く:
(※自動的に再生が始まらない時は、上にある「PLAY」をクリックして下さい)

  ●歌詞と訳詞●

I asked her to stay   ぼくは彼女に 居てくれるようにと頼んだけど
But she wouldn't listen   でも彼女は 聞き入れてくれなかった
She left before I had the chance to say   彼女はぼくに 話すチャンスも与えず立ち去ったから
Oh   あぁ
The words it would mend   言葉は それを取り繕(つくろ)うためのもの
The things that were broken   壊れてしまった ものを 
But now it's far too late,   でも 今はもう遅すぎる
she's gone away   彼女は 立ち去ってしまったから

Every night you cry yourself to sleep   きみは毎晩泣くことになる 眠れる時まで
Thinking "Why does this happen to me?"   「なぜ こんなことになったの?」って考えながら
"Why does every moment have to be so hard?"   「なぜ全ての時がこんなにつらいの?」と
Hard to believe that   そんなの 信じられないだろ

(Chorus)
It's not over tonight   夜は まだ終わっていない
Just give me one more chance to make it right    もう一度 間違いを正すチャンスを与えて
I may not make it through the night   ぼくは この夜を明かせないかもしれない
I won't go home without you   ぼくは きみがいない家には帰れないから

The taste of her breath,   彼女の息を あじわうまで
I'll never get over   ぼくは 立ち直ることができないだろう
And the noises that she made kept me awake  そしてぼくを起こし続けた 彼女の立てる物音
Oooh    あぁ・・・
The weight of the things that remain unspoken   言葉にできないままの ものごとの重さが 
Built up so much it crushed us everyday   それがいっぱい膨れ上って 毎日ぼくらを圧し潰す

Every night you cry yourself to sleep   きみは毎晩泣くことになる 眠れる時まで
Thinking "Why does this happen to me?"   「なぜ こんなことになったの?」って考えながら
"Why does every moment have to be so hard?"   「なぜ全ての時がこんなにつらいの?」と
Hard to believe that   そんなの 信じられないだろ

(Chorus)
It's not over tonight   夜は まだ終わっていない
Just give me one more chance to make it right    もう一度 間違いを正すチャンスを与えて
I may not make it through the night   ぼくは この夜を明かせないかもしれない
I won't go home without you   ぼくは きみがいない家には帰れないから
Oooh

(Chorus)
It's not over tonight   夜は まだ終わっていない
Just give me one more chance to make it right    もう一度 やり直すチャンスを与えて
I may not make it through the night   ぼくは この夜を明かせないかもしれない
I won't go home without you   ぼくはきみ無しでは 家に帰れないから
Oooh

Of all the things I felt   ぼくが感じた すべてのものごとが
I've never really showed   ぼくには 本当に見えてはいなかったんだ
Perhaps the worst is   たぶん 最悪だったのは
that I ever let you go   ぼくがきみを 行かせてしまったことだろう
Should not ever let you go,   決して 行かせるべきじゃなかったのに
oh oh oh   あぁ、あぁ・・・

(Chorus)
It's not over tonight   夜は まだ終わっていない
Just give me one more chance to make it right    もう一度 間違いを正すチャンスを与えて
I may not make it through the night   ぼくは この夜を明かせないかもしれない
I won't go home without you   ぼくは きみがいない家には帰れないから
Oooh

(Chorus)
It's not over tonight   夜は まだ終わっていない
Just give me one more chance to make it right    もう一度 やり直すチャンスを与えて   
I may not make it through the night   ぼくは この夜を明かせないかもしれない
I won't go home without you   ぼくはきみ無しでは 家に帰れないから

And I won't go home without you   そしてぼくは きみがいない家には帰れないから
And I won't go home without you   ぼくはきみ無しでは 家に帰れない
And I won't go home without you   ぼくは きみがいない家には帰れないから・・・

記事編集

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

146. The Game of Love ザ・ゲーム・オブ・ラヴ

The Game of Love ザ・ゲーム・オブ・ラヴ : 
            Santana featuring Michelle Branch サンタナ featuring ミシェル・ブランチ


Alubm : Shaman
  シャーマン
(試聴可)
Released: 2002
Written by: Gregg Alexander, Rick Nowels
Produced by: Clive Davis, Carlos Santana (カルロス・サンタナ)

  サンタナ(バンド) について:
 Carlos Santana
  ミシェル・ブランチについて:
 Michelle Branch
 

 1999年にリリースしたアルバム SUPER NATURAL(スーパーナチュラル)は多彩なゲストを迎え、グラミー史上最多の9部門を受賞、全世界で2,500万枚を売り上げる久々のヒットとなりました。

 この曲を含むアルバムShaman
(シャーマン)は3年後の2002年にリリースされ、前作同様色々なジャンルのゲストが参加しています。 こうしたコラボレーションは賛否両論があるものですが、私個人としては大成功だと思っています。 ミシェル・ブランチは親子ほども歳の違う(年齢差36歳)サンタナとのコラボがとても勉強になったと話していますし、サンタナもミシェル・ブランチやダイドーなど若い人たちと共演することで刺激や若さをもらったことでしょう。 少なくともビッグ・ネーム同士の名前だけのコラボよりずっと良くできていると思います。

 ミシェル・ブランチは2002年にファースト・シングルの Everywhere(エヴリウェア)のヒットでいきなりブレイクしますが、この曲で翌年グラミーを受賞しました。
 この曲は彼女のセカンド・アルバム Hotel Paper (邦題:「ホテル・ペイパー」試聴可)にもボーナス・トラックとして収録されています。

 当時ミシェル・ブランチは19歳くらいだったと思いますが、一緒に歌ってみると歌の上手いことが良く判ります。 少なくとも私はついて行けません。 
 それにしても若き日のカルロス・サンタナを知る者にとって、「サンタナも随分とまるくなったなあ」―という感じがします。 ギター・サウンドは相変わらず健在のようで、私のようなオジさんにはうれしい限りですが・・・


The Game of Love 『ザ・ゲーム・オブ・ラヴ』を聴く:
(※自動的に再生が始まらない時は、上にある「PLAY」をクリックして下さい)

  ●歌詞と訳詞●

Tell me   教えて 
just what you want me to be   あなたがわたしに 何を望んでいるのか
One kiss   一度のキスで
and boom you're the only one for me   燃え上がり あなたはわたしの 唯一の人になった

So please tell me why   だから どうか教えて どうして 
don't you come around no more   もう わたしのそばに来なくなったの
Cause right now I'm crying    わたしは今も 泣いているの
outside the door of your candy store   あなたというキャンディ・ストアの ドアの外で ※

[Chorus:]
It just takes   それはちょうど 
A little bit of this   これを少し 必要とするし
A little bit of that   あれも ほんの少し
It started with a kiss   それは キスで始まった
Now we're up to bat   さあ わたしたちの番ね ※

A little bit of laughs   笑いを少しと   
A little bit of pain   痛みもちょっぴり
I'm telling you, my babe   言っておくけど、ベイビィ
It's all in the game of love...   これはすべて 恋愛のゲームだから・・・

whatever you make it to be   あなたが 何をするにしても
Sunshine instead of this cold, lonely sea   日光は この冷たさの代わり、さびしい海の   

So please, baby, try   だからお願い、 やってみて 
and use me for what I'm good for   わたしに いいことをして
It ain't sayin' goodbye   サヨナラは言わないで
it's knocking down the door   ドアを叩いているのよ
of your candy store   あなたという キャンディ・ストアの

[Chorus:]
It just takes   それはちょうど 
A little bit of this   これを少し必要とするし
A little bit of that   あれも ほんの少し
It started with a kiss   それは キスで始まった
Now we're up to bat   さあ わたしたちの番ね ※

A little bit of laughs   笑いを少しと   
A little bit of pain   痛みもちょっぴり
I'm telling you, my babe   言っておくけど、ベイビィ
It's all in the game of love...   これはすべて 愛のゲームだから・・・
It's all in this game of love   それはすべて この恋愛のゲームで

You roll me   あなたは わたしを転がして
Control me   わたしを 制御(コントロール)して
Console me   わたしを 慰めて
Please hold me   どうか 抱きしめて

You guide me   あなたは わたしを案内(ガイド)して
Divide me   わたしを 分けて
Into one...   一つになって・・・

[Guitar solo]

So please tell me why    だから どうか教えて なぜ 
don't you come around no more   もう わたしのそばに来なくなったの
Cause right now I'm dying    今にも わたしは死にかけているのよ
outside the door of your loving store   あなたという 愛の店のドアの外で

[Chorus]
It just takes   それはちょうど 
A little bit of this   これを少し 必要とするし
A little bit of that   あれも ほんの少し
It started with a kiss   それは キスで始まった
Now we're up to bat   さあ わたしたちの番ね ※

A little bit of laughs   笑いを少しと   
A little bit of pain   痛みもちょっぴり
I'm telling you, my babe   言っておくけど、ベイビィ
It's all in the game of love...   これはすべて 愛のゲームだから・・・

It's all in this game of love   それはすべて この恋愛のゲームで
It's all in the game of love   それはすべて 愛のゲームで
Let's play the game of love   恋愛のゲームを やりましょう

Roll me   わたしを 転がして
Control me   わたしを コントロールして
Please hold me   どうか 抱きしめて
(make me feel good, yeah)   (いい気持ちにさせて)

Now I'm here on my own   今わたしはここにいる 自分自身で
On my own   自分一人の力で・・・


※ candy store :直訳すると「菓子屋」。何かスラング(俗語)かと思って調べてみたけど、「I'm like a kid in a candy store.」だと「欲しいものに囲まれて幸せ」くらいの意味だそう。 「私の欲しいもの」くらいの感じでしょうか。
※ up to bat :「up to at bat」 の略で、「バーターボックス(打席)に立つ」。 つまり出番ということ。 
記事編集

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。