スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

438. Wild Theme 野生のテーマ

Wild Theme (Local Hero) 野生のテーマ (映画:「ローカル・ヒーロー」より) :
  Mark Knopfler マーク・ノップラーが初めて映画音楽を担当した1983年のサウンドトラック・アルバムから、映画のテーマ曲となっているこのナンバーを選んでみました。


Single EP
Album : Local Hero
  ローカル・ヒーロー
(試聴可)
Released: March 1983
Written by: Mark Knopfler (マーク・ノップラー)
Produced by: Mark Knopfler
 マーク・ノップラーについて:
Single EP (裏面)
 フリー百科事典『ウィキペディア』

これは1983年の英国映画 "Local Hero" (ローカル・ヒーロー)のサウンド・トラックの中で、何度か繰り返し流れるテーマ曲のヴァージョンの一つであり、マーク・ノップラーのギター・プレイを聴くことができる美しいナンバーです。

英語のタイトルにある "Theme"(シーム)というのはドイツ語の "Thema"(テーマ)のことで、日本では「テーマ」の方が一般的となっているのでややこしいです。 明治の文明開化の頃は、医学や音楽や哲学はドイツ語で学んでいたから、音楽や哲学の「主題」を「テーマ」と呼ぶようになったのでしょう。

映画の方は、テキサス州ヒューストンにある大手石油会社の社員が、社長命令でスコットランドの辺鄙な海辺の村に石油コンビナートを建設するため、土地の買い付けに出かける―というもの。
一応コメディ映画ということになっていますが、英国映画特有の湿り気を帯びた暗めのジョークなので、大笑いする場面はありません。 怪しげな日本語(?)も幾つか出てきます。
高層ビルが建ち並ぶアメリカの大都会とスコットランドのローカル(田舎)という対比も面白く、物にあふれた大都会と何もない海辺の村とで、「どちらが住む人にとって仕合せなのか?」―ということを、主人公と共に考えさせられる映画でもありました。

社長役のバート・ランカスター以外はそれほど知られた役者も出てきませんが、そんなに予算をかけなくても良質な映画は作れるということで、特にマーク・ノップラーの担当した音楽はアルバムとしても良いものとなっています。 1983年というと、マーク・ノップラーはダイアー・ストレイツとしてアルバムを4枚出してミュージシャンとして最も乗っていた時期で、ボブ・ディランやアズテック・カメラのプロデュースなども手がけていました。

今回採り上げたこの曲はアルバムの2曲目に入っていますが、同じテーマ曲を口笛風にアレンジした"Whistle Theme"(口笛のテーマ)も、短いけれど美しい曲です。
そしてアルバムの最後に流れるのが "Going Horme" 「ゴーイング・ホーム (ローカル・ヒーローのテーマ) 」となっていて、途中から Michael Brecker (マイケル・ブレッカー:2007年死去)のパワフルなサックスでこの曲を聴くことができます。


Mark Knopfler (マーク・ノップラー) : Guitars, piano
Alan Clark (アラン・クラーク) : Synthesizers

Grooveshark で、Wild Theme 『野生のテーマ』を聴く: (3:40)
スポンサーサイト

テーマ : 80年代洋楽
ジャンル : 音楽

437. Escape エスケイプ

Escape エスケイプ : Jeff Beck ジェフ・ベック

ジェフ・ベック1985年のアルバムから、インストゥルメンタルのこの曲を選んでみました。 もう30年も前の曲になります。


Album : Flash (Import)
  フラッシュ (mp3:試聴可)

Released: July 1985
Written by: Jan Hammer (ヤン・ハマー)
Produced by: Nile Rodgers (ナイル・ロジャース), Jeff Beck
 ジェフ・ベック について:
 フリー百科事典『ウィキペディア』

この曲を含むアルバムからは、ロッド・スチュワートをフィーチュアした「People Get Ready」を紹介したことがありました。 オリジナルはカーティス・メイフィールドの作曲で、インプレッションズ時代の曲(87回目)になります。

アルバムのプロデュースには、当時マドンナのアルバムをヒットさせ、デビッド・ボウイの「レッツ・ダンス」もヒットさせて売り出し中だったナイル・ロジャースが参加していますが、ダンス・ミュージックとジェフ・ベックが合うはずもなく、この二曲以外はあまり出来が良くありません。 
ジェフ・ベック自身、苦手なヴォーカルを二曲も歌わされ、過去の汚点の様に思っているようで、あのわがままなジェフ・ベックがよく歌ったと思いますが・・・。
でもこの曲は盟友ヤン・ハマーとのコラボレーションでジェフ・ベックらしいし、割と好きなので採り上げてみました。 (忙しくて訳詞をやってる時間が無いというのもありますが)

この曲は翌1986年のグラミーで、"Best Rock Instrumental Performance" を受賞していますが、なぜかシングルにはなっていません。

(※ 音圧が低いので、かなりヴォリュームを上げないと音が小さいです)

Jeff Beck : Guiter
Jan Hammer : Keyboards (Fairlight CMI)
Doug Wimbish : Bass
Drums : Barry DeSouza, Carmine Appice, Curly Smith

Grooceshark で、Escape  『エスケイプ』を聴く: (4:42)

テーマ : 80年代洋楽
ジャンル : 音楽

372. Homeboy ホームボーイ

Homeboy ホームボーイ : Eric Clapton エリック・クラプトン

1988年ミッキー・ローク主演の映画「ホームボーイ」から、サウンドトラックの最後に収められているタイトル曲を選んでみました。


Homeboy
Alubm : Homeboy (Import)
  ホームボーイ

Released: 1989 (Sound Track)
Written by: Eric Clapton, Michael Kamen
Arranged by: Eric Clapton
Supervised by, Executive Producer – Fraser Kennedy

  映画ホームボーイについて:
Mickey Rourke & Eric Clapton
 フリー百科事典『ウィキペディア』 

当時は俳優として売れていたミッキー・ロークが原案を手がけ、プロデューサーを説き伏せて何とか映画化にこぎつけたという「ホームボーイ」は、相手役のルビーに当時の奥さんだったデボラ・フューアーを使うなどかなり個人的な作品で、映画の内容はすっかり忘れてしまうくらいの失敗作でしたが、音楽の方は好きで良く聴いていました。 

サウンド・トラックは Michael Kamen (マイケル・ケイメン)という人との共同作業となっていて、ヴォーカル曲も含まれるのですが、私はCDからクラプトンのギターが聴ける曲だけをカセット・テープにダビングしたものを聴いていました。 心が重苦しい時などは酒や煙草よりも心にしみて来て、少しだけど心が軽くなったことが何度もありました。

この映画のサウンド・トラックは、1曲目の "Travelling East" (トラベリング・イースト 2:52)という曲で始まり、ラストの "Homeboy (ホームボーイ 4:15)で終わるのですが、曲の長さやテンポが少し違うくらいでほぼ同じ演奏になっています。 
他にも "2. Johnny" や "7. Ruby's Loft" などもアレンジを変えて、映画の中で同じ曲のフレーズが何度か繰り返されています。

Travelling East (トラベリング・イースト) 2:53

  Guitar – Eric Clapton
  Keyboards – Michael Kamen
  Bass Guitar – Nathan East
  Drums – Steve Ferrone


Grooveshark で Homeboy 『ホームボーイ』を聴く: (4:15)

テーマ : 80年代洋楽
ジャンル : 音楽

353. I Think It's Going To Work Out Fine ワーク・アウト・ファイン

I Think It's Going To Work Out Fine ワーク・アウト・ファイン : Ry Cooder ライ・クーダー

ライ・クーダー1979年のアルバムから、インストゥルメンタルのこの曲を選んでみました。 素晴らしいギター・プレイをお楽しみ下さい。


Alubm : Bop Till You Drop
  バップ・ドロップ・デラックス (試聴可)

Released: July 1979
Written by: Rose Marie McCoy, Sylvia McKinney (1961)
Produced by: Ry Cooder

  ライ・クーダーについて:
Ry Cooder
 フリー百科事典『ウィキペディア』 

この曲を含むアルバムは、ロック/ポップスのレコードとして初めてデジタル録音されたものでした。 もっともCDの登場はこの三年後(1982年)ですから、メディアの方はアナログ・レコードやカセット・テープでした。 今聴くとかなり音圧が低いようにも思えますが、当時としてはかなり革新的なことをやっていた訳です。

It's Gonna Work Out Fine It's Gonna Work Out Fine (3:00)

この曲のオリジナルは、1961年にアイク&ティナ・ターナーが歌ったヒット曲です。
"A Fool in Love" に続いて二番目のミリオン・セラーとなっただけでなく、初のグラミー・ノミネート作ともなりました。

この曲を書いたローズ・マリー・マッコイによると、ティナ・ターナーは最初この曲にまったく関心を示さなかったそうです。 彼女がニューヨークのアポロ(シアター)まで彼らの歌を聴きに行った時、アイクはティナを楽屋に呼んで "Sing that song."(あの歌を歌え)と言ったけど、ティナはそれに一言も応えなかったとか。 でもティナは(おそらく生活のために)その歌を歌ったということで、それがヒットしたのだから皮肉な話です。

当時はまだ結婚していなかった二人が "It's gonna work out fine"(うまくやれるでしょう) と仲良さげに歌っていますが、実際は「Tina」という伝記映画みたいな結婚生活だったようです。 この曲は1974年に再録音されていますが、裁判を通して二人が別れたのは1976年だから、ライ・クーダーがカヴァーした頃には既にコンビを解消していたことになります。

リンダ・ロンスタット もジェームス・テイラーをフィーチュアしてこの曲をデュエットしていますが、歌詞はかなり変えてありました。
ライ・クーダーのバージョンはいつもの様にアレンジをガラッと変えて、自分のオリジナルみたいに作り変えています。 インストゥルメンタル(楽曲のみ)ではありますが、参考までに歌詞と対訳を末尾に載せておきました。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところでこのアルバムには、デヴィッド・リンドレーがギターで参加しています。 この二人のギター・プレイは、ちょうどエリック・クラプトンとジョージ・ハリソンのように似たところがあって、時々どっちがどっちか分からなくなります。
「ミスター・デイヴ」は、この前作となるサウンド・トラックの The Long Riders / ロング・ライダーズ から参加していて、素晴らしいフィドル(ヴァイオリン)の演奏だけでなく、作曲でもアルバム作りに貢献していました。 
この二人は馬が合うみたいで、19990年頃に来日してジョイント・コンサートを行ったこともあります。 私はチケットがとれずに行けませんでしたが・・・(涙)。

ライ・クーダーには傑作アルバムが多いので、このブログでも何曲か紹介していますが、あまり一般向けではないのでお勧めはしません。 もし一枚を選ぶとしたら、R&B(リズム・アンド・ブルース)を基調とした本作が一番聴きやすいのではないでしょうか。 プレスリーの曲をカヴァーした1曲目からしてご機嫌な滑り出しで、思わず引き込まれてしまいます。 
そういえばライ・クーダーはセカンド・アルバムで「マニー・ハニー」、スライド・エリアでは「ブルー・スウェード・シューズ」、ゲット・リズムでは「オール・シュック・アップ」など、プレスリーのカヴァーが多いですね。 少年の頃、プレスリーを聴いて育った世代なのでしょう。

この曲のタイトルはオリジナルより長いので、邦題は短く詰めてあります。 DJ泣かせのタイトルですね。
アルバムの方も訳の分からない邦題が付けられていますが、"Shop till you drop" だと「買い物し過ぎ(で倒れる)」、"Work till you drop" だと「仕事のし過ぎで倒れる」という意味で、"Shop" を "Bop" に替えているのでしょう。 つまり「倒れるまで(ビー)バップする」―といったところでしょうか。



  Ry Cooder (ライ・クーダー): Guitars
  David Lindley (デヴィッド・リンドレー): Guitar
  Jim keltner (ジム・ケルトナー): Drums
  Tim Drummond (ティム・ドラモンド): Bass
  Milt Holland (ミルト・ホランド): Percussion


  ●歌詞と対訳● (アイク&ティナ・ターナーのバージョン)

Darling    ダーリン
(Yes Tina)   (なんだい、ティナ)
You're starting to get next to me  あなた近頃 私と親密になってきたわね ※
(Honey, that was my plan from the very beginning) (それこそ正に 最初のプラン通りさ)
Darling    ダーリン
(Un huh)    (うん?)
I never thought that this could be  私は決して こうなるなんて思わなかった
(What you mean)    (どういう意味だい?)
Oh yeah

Your lips set my soul on fire   あなたの唇は 私の心に火をつけるの ※
And you can feel one desire   そしてあなたは ある願望に気付いているはず
Oh darling    あぁ、ダーリン
(Yes yes)
I think it's gonna work out fine  私 うまくやれると思うの ※
(It's gonna work out fine)   (うまくやれるわ)

I wanna tell you something, Ike   あなたに話しておきたいことがあるの、アイク
Ike,   アイク、
(Un huh)    (うん?)
I've been to see the preacher man   私 牧師さんと会ってきたの
(The preacher man, you must be losin' your mind) (牧師って、気でも狂ったのかい?) ※
I started    私は始めたの
(started what)   (始めたって、何を?)
I started making wedding plans  結婚のプランを立て始めたのよ
(Oh really)   (えっ、本当に?)
Oh yeah   えぇ、そうよ

If your love is half as true as the love I offer you  あなたの愛が 私の半分ほども真実なら
Oh, darling    あぁ、ダーリン
(Yes yes)
I think it's gonna work out fine   私 うまくやれると思うの
(It's gonna work out fine)   (うまくやれるわ)

I keep a tellin' you  いつも言ってるでしょ ※
(Think it's gonna work out fine)   (きっと うまくやれるはず)
I get the feelin' it's a   そう感じているの
(Think it's gonna work out fine)    (うまく行くと思うわ)
I keep a tellin' you    いつも言ってるでしょ
(I know it's gonna work out fine)  (うまく行くって 分かってる)
I'm so glad that you're mine all mine  あなたが私のものだなんて とてもうれしい ※


Remember   忘れないでね
(Remember what)  (忘れないって、 何を?)
I used to call you dapper dan  私がいつも あなたを「いい男」って呼んだこと ※
(Yeah, those were the good old days)  (そう、あの頃は良かったね)
A thriller -   ワクワクさせること(人)、 ※
forever and a lovin' man    ずっと、  そして愛する人
(that's me)    (それって 俺のことかい?)
Oh yeah    そうよ

A whole lot of girls used to feel your speed 以前は多くの娘があなたの成功にしびれてたけど
But now pretty daddy I'm all you need  今の望みは あなたが良いパパでいてくれることだけ
Oh darling    あぁ、ダーリン
(Yes yes)
I know it's gonna work out fine   私 うまく行くって分かってるの
(It's gonna work out fine)   (うまく行くって)

I keep a tellin' you  いつも言ってるでしょ
(I think it's gonna work out fine)   (きっと うまくやれるはず)
I get the feelin' it's a   そう感じているの
(Gonna work out fine)    (うまく行くって)
I keep a tellin' you    いつも言ってるでしょ
(I know it's gonna work out fine)  (うまく行くって 分かってる)
I'm so glad that you're mine all mine...  あなたが私のものだなんて とてもうれしい・・・


※ start to ..: ~し始める。 その気になってくる。
※ get next to: (人と)親しくなる。
※ set on fire: 火をつける。 火を放つ。
※ It's gonna (goinog to): ~になりそう。 ~になるでしょう。
※ work out fine: うまくいく。 見事な(素晴らしい)結果となる。
※ losing your mind: 正気をなくす。 気が変になる。
※ I keep telling you: いつも言ってるだろ(でしょ)。
※ I'm so glad: ~でうれしい。
※ all mine: こちらこそ。 私の方(です)。
※ dapper dan: (米俗)伊達(だて)男。 "dapper" は「小粋な」。
※ Those were the (good old) days: あの頃は良かった、あの頃が懐かしい。
※ thriller: スリラー。 ワクワクさせる人(もの)。 
※ whole lot of: たくさんの。
※ used to: 以前は~したものだ。 
※ speed: (古語)成功、繁栄。 栄える、うまくいく。
  

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

317. Chariots Of Fire 炎のランナー

Chariots Of Fire 炎のランナー : Vangelis ヴァンゲリス

 1981年に公開された英国映画「炎のランナー」のタイトル曲で、映画は翌年のアカデミーで4部門を受賞し、この曲も作曲賞を獲得しています。 全米チャートで1位、本国のUKシングル・チャートでも5位となりました。


Alubm : Chariots Of Fire (Import)
  炎のランナー
(試聴可)
Released: 1981
Written by: Vangelis (ヴァンゲリス)
Produced by: Vangelis

  ヴァンゲリスについて:
Vangelis
 フリー百科事典『ウィキペディア』  

 「これは心に希望を、踵(かかと)に翼を持った若者たちの物語である」―というのが当時のキャッチ・コピーでしたが、このコピーにも賞をあげたいくらいです。 この曲は映画のオープニングとエンディングで、若者たちが浜辺を走るシーンで使われていましたが、その光景を思い浮かべるだけで涙がこみ上げてきます。

 タイトルにある "Chariot" はギリシャやローマ時代の馬に引かせる「二輪の戦車」のことで、旧約聖書の『列王記』において、エリヤが突然現れた "chariot of fire" (炎の戦車)に乗せられて天国へ連れて行かれる場面があり、ウィリアム・ブレイクの詩の一節にもそうした描写がある――ということくらいウィキペディアを調べれば書かれていますから、知ったかぶりはこのくらいにしておきましょう。

Elijah went up to heaven
"As they were walking along and talking together, suddenly a chariot of fire and horses appeared and separated the two of them, and Elijah went up to heaven in a whirlwind."
(彼らが共に歩きながら話していると、突然炎に包まれた二輪の戦車と馬たちが現れて彼ら二人をを引き離し、エリヤは疾風の中を天国へと昇って行った。)

 アメリカでは "Chariot" というと、干し草などを運ぶ「荷車」という意味で使われることもあり、"Swing Low, Sweet Chariot" というトラディショナル・ソング(エリック・クラプトンがレゲエ風のアレンジで演奏しています)では、死に瀕した黒人奴隷が荷馬車に積まれて運ばれながら、迎えにきた天使の一団のことを歌っています。 (ガタゴト揺れると痛いから)「やさしく揺れてよ、やさしい荷馬車よ」―といった歌で、あのドヴォルザークの「家路」(「新世界より」)にインスピレーションを与えたとも言われています。 ―というのも聞きかじりなのですが、今回は歌詞が無いので寄り道が多いですね・・・ (道草大好き人間)

 映画は1924年のパリ・オリンピックで金メダルを獲った二人のランナーの実話をもとに構成されています。 ユダヤ人に対する偏見と戦うために走るハロルド(エイブラハム)と、神への信仰のために走るエリックという、まったく対照的な二人のケンブリッジ大学生のエピソードが中心で、映画は1978年にハロルドを追悼する礼拝と、その思い出話から始まります。 イギリス特有の霧で霞んだような風景と、ミレナ・カノネロがデザインした当時の衣装(アカデミー賞を受賞)も素敵で、ミレナ・カノネロ自身もチャーミングな女性でした。

 この映画のことを語り始めるときりが無いのですが、普段はスポーツものが嫌いな人でもこの映画なら楽しめるのではないでしょうか。 まだ国家に栄誉をもたらすための人間ロボット製造機などの無かった時代で、速く走るために専門のコーチを雇うことにも非難が出ていた頃の話です。 そのハロルドのコーチ(ムサビーニ)が場外のホテルの一室で、一番高く掲げられたユニオン・ジャックと国歌の吹奏で愛弟子の優勝を知り、思わず持っていた帽子を拳で突き破って"My son!" (息子よ!)と叫ぶシーン、忘れられません。

Chariots Of Fire 『炎のランナー』を聴く: (3:33)
(※開くまでに時間がかかりますが、のんびりお待ち下さい。 しばらくすると、自動的に再生が始まります)
 記事の編集

テーマ : 洋楽歌詞対訳
ジャンル : 音楽

プロフィール

Sumi Haruo

Author:Sumi Haruo
昨年まで老母の介護をしていました。 古い記事へのコメントも大歓迎です。
※記事へのリンクは自由ですが、対訳はあくまでも私個人の解釈なので、訳詞の転載はお断りいたします。
訳詞を掲載したい場合は、記事へのリンクを貼るという形にして下さい。

全記事タイトル表示リンク

全記事タイトルを表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
フリーエリア


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Mail Form:メールフォーム

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
電子書籍
Amazonから電子書籍を出版しました
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。